ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ザクザク投資術!相場の福の神が教える「株」必勝術
【第3回】 2013年7月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
藤本誠之

9月は株を買うな!
年間の値動きの法則を知って負け知らず

1
nextpage

株価は日々、需要と供給で動くものですが、それとは関係なく同じ時期に同じように株価が動くことがあります。Yahoo!ファイナンスの株価予想、単独トップの39連勝!2012年勝率No.1の「相場の福の神」が、今回は、そんな知っておくとトクする教えを皆さんに授けましょう!(これは、最新の著書からの抜粋した内容です。)

1年間の値動きの法則を知っておく

 投資家のみなさんは、株価というのは基本的にその会社の業績や、マーケットでの需給関係で決まるというのはご存知のことと思います。しかし、それだけではないのが株式投資のおもしろいところ。

 同じ時期に同じように起こる株価の動きがあり、これは、アノマリー(Anomaly)と呼ばれ合理的には説明できないのですが、よく当たるとされている経験則の1つです。

 たとえば相場の格言として耳にするのが「節分天井彼岸底(せつぶんてんじょうひがんぞこ)」(2月3日の節分あたりが高値で、3月21日の春分の日前後のお彼岸が底になるという意味)とか「夏枯れ相場」(夏は相場が低迷して活発には動かない)などがあります。これは「年間アノマリー」です。

 年中行事があるように、株式の世界にも年間スケジュールにもとづく“行事”的な資金の流れがあります。この流れを知れば、株価の大まかな傾向も予測することができます。

 ここでは少しだけ本書から抜粋してご紹介しましょう。

9月に下がっても嘆くな

 9月は、日本でも米国でも負け続けの、「波乱の月」です。バブル崩壊以降、勝率が極めて低い、年間を通してみると最悪期といえます。実際に検証してみましょう。以下の星取り表を見てください。9月の日経平均が前月より上がったら白、下がったら黒にしたのですが、ここ53年間の9月の日経平均は、見事に真っ黒です。

 1990年から2012年までの23年間をみても6勝17敗、75%の確率で負けています。

 なぜ、9月はこんな波乱の月となってしまうのでしょうか?

 理由はいくつかありますが、日本には3月決算の会社が非常に多いことがその一因として挙げられると思います。日本の株式市場では3月決算の銘柄が一番多い、つまり、9月は「中間決算期末が一番多い月」であるといえます。
企業の立場から考えてみましょう。今年度が半分終わろうとしているところで、「今期の業績の雲行きが怪しい」となったとき、企業は9月中旬の段階で、「業績予想は下方修正しておこう」と考えます。

 強気な業績予想のまま決算が出たときに株価がガクンと下がるよりも、先に「ちょっと危ないかも」とエクスキューズしておいて、「思ったより悪くなかった!」となるほうが、よいに決まっているからです。企業業績が極端に悪化していれば、間違いなく大幅な下方修正をすることでしょう。

 業績予想が下方修正されているのに、株価が上がるということはほとんどあり得ませんから、9月の日経平均下落につながるというわけです。

 9月ほどではありませんが、四半期決算の関係で3・6・12月の3の倍数月も同様に売られがちになります。

 一方、マーケットには多種多様な機関投資家が参加していますが、国内のファンドの投資家にとっても、9月は特別な月です。というのも、企業と同様に、国内のファンドも9月は中間期末にあたるのです。それは何を意味するかというと、ファンドにかかわるアナリストたちは運用レポートを書かなければならず、株を買う物理的な時間も惜しいし、レポートには運用結果を「プラス」と書いておきたいので、状況がいいうちに手じまい、つまり株を売っておきたいという心理が働きます。

 大きな資金を持っているファンドが株を買わなくなるだけでなく、決算対策売り出るので、ただでさえ下がりやすい9月に、さらに拍車をかける結果となるのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


藤本誠之(ふじもと・のぶゆき) 相場の福の神、マーケットアナリスト

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!ファイナンス株価予想2012年勝率1位、伝説の39連勝男。TV・ラジオ等の出演や、新聞・雑誌への寄稿多数。関西大学工学部卒。日興證券(現SMBC日興証券入社)、個人営業を経て、機関投資家向けのバスケットトレーディング業務に従事。日興ビーンズ証券設立時より、設立メンバーとして転籍。マネックス証券から、カブドットコム証券に移籍。トレイダーズ証券、マネーパートナーズを経て、現在はSBI証券 投資調査部シニアマーケットアナリスト。日本証券アナリスト協会検定会員。ITストラテジスト。オールアバウト株式ガイド。著書に『39連勝! 「相場の福の神」が教えるザクザク株投資術 』(ダイヤモンド社)「儲けに直結!株価チャートドリル」(成美堂出版)『ニュースを“半歩”先読みして、儲かる株を見つける方法 』(アスペクト)など。阪神タイガースファン。 ツイッターアカウント@soubafukunokami


ザクザク投資術!相場の福の神が教える「株」必勝術

株式投資を始めた人からベテラン、忙しい人も必見! Yahoo!ファイナンスの株価予想、単独トップの39連勝!2012年勝率No.1の「相場の福の神」が書いた、ご利益タップリ、儲かる投資の教えを紹介します。今の日本株市場の相場の主役は外国人投資家。6割を超える外国人投資家や機関投資家の相場の「動き」を知り、個人が大きく儲けるために知っておきたい相場の鉄則を余すところなく紹介します!

「ザクザク投資術!相場の福の神が教える「株」必勝術」

⇒バックナンバー一覧