ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
元素戦略
【第3回】 2013年12月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
中山智弘

「元素戦略」を進めるルートと組織

1
nextpage

「レアメタル」と呼ばれ、日本を支える高度技術の要となる希少元素。その機能を、鉄やアルミなどのありふれた元素で置き換え、日本を資源大国へと変貌させる「元素戦略」が、産官学が連携したオールジャパン体制で進められている。科学と産業に革命的なインパクトを与える「元素戦略」の全体像を、その立役者とも言われる中山智弘氏(科学技術振興機構 研究開発戦略センター フェロー/エキスパート)に解説してもらった。

「元素戦略」を実現する五つのルート
代替、減量、循環、規制、新機能

 「元素戦略」は、「希少元素を別のありふれた元素で置き換えていく」という考えで進められているが、どのような方策で、どのように置き換えていくのか。具体的には、「1.代替、2.減量、3.循環、4.規制、5.新機能」といった五つの視点で進められている(他にも、「備蓄」「他ルートの探索」などもあるが中心は1.~5.)。

 第一の「代替」とは、希少元素にしかないとされてきた特異な機能を、ありふれた元素で置き換えることである。これが現在の「元素戦略」のメイン戦略と見てよい。
 自動車の排気ガスを浄化する触媒に用いられる貴金属(プラチナ、パラジウム、ロジウム)を他のありふれた元素に置き換えることができないか、また、磁石におけるジスプロシウムを他の元素で代替できないかなど、産業的にも危機管理のうえでも、「代替(希少元素→ありふれた元素)」の手法は、わが国が先頭を走り続けていくために必要な視点である。最高の機能とリスクを天秤にかけ、多少は性能を抑えてでも代替を急ぐべきとの考えもあり、硬軟あわせてまさに製造業界が一丸となって検討しているところである。

 第二の「減量」は最も現実的な対応である。これまで通りの希少元素を使うにしても、その使用量を2分の1、3分の1へと減らすことで、「元素戦略」としての即効性が期待できる。常識的に考えると、この視点から元素戦略に入るのが最も自然かもしれない。完全代替は一朝一夕にはむずかしくても、5グラムを4グラム、3グラム……とカイゼンしていく手法は、一つの有力な道筋である。触媒の中で使われる貴金属の量を想像を絶する技術で極限まで減らしたダイハツのインテリジェント触媒などは、この「減量」作戦の典型であろう。

次のページ>> 循環、規制、新機能
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


中山智弘(なかやま・ともひろ)
1997年千葉大学大学院自然科学研究科博士課程修了。博士(工学)。民間企業の研究員から2002年に科学技術振興事業団へ。独立行政法人科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センター(CRDS)フェロー、内閣府政策統括官(科学技術政策・イノベーション担当)付、内閣官房国家戦略室政策参与を経て、現在、JST科学技術イノベーション企画推進室参事役、JST・CRDSフェロー/エキスパート、文部科学省元素戦略プロジェクト・プログラムオフィサー。各種の政府委員等も務める。
 


元素戦略

「レアメタル」と呼ばれ、日本を支える高度技術の要となる希少元素。その機能を、鉄やアルミなどのありふれた元素で置き換え、日本を資源大国へと変貌させ る「元素戦略」が、産官学が連携したオールジャパン体制で進められている。科学と産業に革命的なインパクトを与える「元素戦略」の全体像を、その立役者と も言われる中山智弘氏(科学技術振興機構 研究開発戦略センター・フェロー/エキスパート)に解説してもらう。

「元素戦略」

⇒バックナンバー一覧