ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
教師ほど素敵な職業はない!乙武洋匡×松田悠介(NPOティーチ・フォー・ジャパン代表)対談
【後編】 2013年12月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
乙武洋匡,松田悠介 [NPOティーチ・フォー・ジャパン代表]

「貧乏、障害…だから人生オワタ」、
そんな社会を変えるには教育だ!

1
nextpage

公立小学校で3年間、教師経験のある乙武洋匡さん。そして同じく体育教師として中学校へ赴任、陸上部を率いた経験もある教育系NPOの代表である松田悠介さんのお二人による教育対談の後編。子どもたちへの教育を通して感じたこと、これからの課題などを語っていただいた。(この対談は12月12日に東京:インテリジェンス本社にて行われた講演会を元に、編集・構成しています)

「僕の教師生活は3年間の任期付きだった」

松田悠介(以下、松田)前回、濃い教師体験エピソードをうかがって、非常に感銘をうけたのですが、せっかく教師になったのに3年間で辞めてしまったのはなぜですか?

乙武洋匡(おとたけ・ひろただ) 1976年、東京都生まれ。大学在学中に出版した『五体不満足』(講談社)がベストセラーに。卒業後はスポーツライターとして活躍。その後、東京都新宿区教育委員会非常勤職員「子どもの生き方パートナー」、杉並区立杉並第四小学校教諭を歴任、教育への造詣を深める。都内で、地域との結びつきを重視する「まちの保育園」の運営に携わるほか、2013年2月には東京都教育委員に就任。

乙武洋匡(以下、乙武) ひとつにはもともとの契約が3年だったということがあります。ご存じの方もいると思いますが、教師の採用というのはちょっと複雑で、採用の権限は都道府県にあって、予算も都道府県が負担。その後、その都道府県の区市町村に配置するという仕組みなんです。

 僕は、大学に入り直して2007年に教員免許を取得しました。ただ、それですぐ教師になれるわけではなく、本来は都道府県の採用試験を受けないといけないんです。そこで自分の住んでいた東京都を調べたところ、当時の採用試験には実技があった。それは「ピアノ」と「水泳」です。

 さすがにこれは受かるはずもないな、と途方に暮れていたところ、杉並区が区の条例で、杉並区の予算で教員を採用し「区立の小中学校へ配置する」という枠を作っていたんです。それで、「その枠で採用します。その代わりに3年間の任期付き」という条件で採用していただけたんです。

松田 なるほど……。3年で辞めたのではなく任期満了だったと。

乙武 はい。ただ、もし、違う地方自治体からお誘いがあったとして、もう一度現場の教師をやるかどうかは、正直、ちょっとわからないですね。僕は違う角度から教育にアプローチしたいと思っているんです。

 前回お話した通り、現場では真剣に子どもたちと向き合って『あしたのジョー』のように真っ白になるくらい燃え尽きました(笑)

 それぐらい全力を尽くしました。だからこそ、目の前の親御さんや子どもたちに向き合って、信頼関係を築けたと思いますが、でも教育界全体を変えられたか、というとそうではなかった。現場の一教師として、それをやるのは限界があるな、と。

松田 そのお話、非常に共感します。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


乙武洋匡(おとたけ・ひろただ) 

1976年、東京都生まれ。大学在学中に出版した『五体不満足』(講談社)がベストセラーに。卒業後はスポーツライターとして活躍。その後、東京都新宿区教育委員会非常勤職員「子どもの生き方パートナー」、杉並区立杉並第四小学校教諭を歴任、教育への造詣を深める。都内で、地域との結びつきを重視する「まちの保育園」の運営に携わるほか、2013年3月には東京都教育委員に就任。

松田悠介(まつだ・ゆうすけ) [NPOティーチ・フォー・ジャパン代表]

1983年、千葉生まれ。全米で就職ランキング第1位になったティーチ・フォー・アメリカ(TFA)の日本版「ティーチ・フォー・ジャパン(TFJ)」創設代表者。大学卒業後、体育科教諭として中学校に勤務、その後、千葉県市川市教育委員会を経て、ハーバード教育大学院修士課程(教育リーダーシップ専攻)へ進学し、修士号を取得。卒業後、外資系コンサルティングファームPricewaterhouseCoopers を経て、2010年、NPO法人Teach For Japanを設立、現在に至る。世界経済会議Global Shapers Community メンバー。2014年「今年の主役100人」選出。京都大学大学院特任准教授。


教師ほど素敵な職業はない!乙武洋匡×松田悠介(NPOティーチ・フォー・ジャパン代表)対談

「教育」。今、これほどまでに重要性が叫ばれ、注目されている分野はない。だからこそ、ぜひ教師という職業に注目してほしい、そう語るのは公立小学校で3年間、教師経験のある乙武洋匡さん。そして、同じく体育教師として中学校へ赴任、陸上部を率いた経験もある教育系NPOの代表である松田悠介さんの、現場の教師体験があるお二人の教育対談。教育の現状、問題点だけでなく、素晴らしい体験ができる「教師」という職業について語ってもらった。
 

「教師ほど素敵な職業はない!乙武洋匡×松田悠介(NPOティーチ・フォー・ジャパン代表)対談」

⇒バックナンバー一覧