男のスメルマネジメント
あなたの知らないスメルの世界~It's a smell world.
【第8回】 2014年7月16日
著者・コラム紹介 バックナンバー
宮崎智之 [フリーライター]

職場の「ニオイの悩み」を野放しにするべからず!
スメルマネジメント講座や対策に励む企業たち

 「あの人、近づくと臭うよね~」

 「見た目は好印象だし仕事もできるけど、あの体臭はちょっと、ね……」

 ――あなたは職場で、女性社員にこんな陰口を囁かれていないだろうか。

 スメハラ(スメルハラスメント)という言葉が話題になるなど、ニオイケアに対する社会的な意識が高まっている。自身の口臭や体臭をケアして清潔感を保つことは、もはや「デキるビジネスマン」にとって必須のエチケットだと言えよう。

 もちろん、企業側にとっても従業員のニオイ対策は重要な課題だ。ニオイに敏感になった昨今の社会では、ニオイを気にせずに快適に仕事ができるオフィス環境を整えることも、企業の役目になりつつある。さらには、営業職や接客業など、顧客に接する機会が多い職種では、ニオイが営業成績や企業イメージに悪影響を及ぼす可能性だってあるかもなのだ。

 そんななか、ついにスメルマネジメント活動として「デオドラントケアセミナー」を実施する企業まで現れた。「そんな会社、本当にあるの?」と驚く人もいるかもしれないが、嘘ではない。今回は、企業が行う「ニオイ対策」の最前線に迫っていこう。

「ニオイ」をどう伝えるべきか?
企業のハラスメント窓口が抱える悩み

 東京・西新宿に本社を構えるエプソン販売は、2013年度から従業員に対して「エチケットセミナー」を自由参加で実施している。きっかけになったのは、同社のハラスメント相談窓口に寄せられた相談。「周囲の口臭や体臭が気になる」という声が、暑い季節になるとたびたび寄せられるようになったのだ。

 ハラスメント相談窓口と言えば、セクハラやパワハラなどの相談が寄せられるものだと思いきや、最近では「ニオイに関連したスメハラ」も対象の1つになってきているのである。しかし、対人関係のトラブルであるセクハラやパワハラと違い、介入しにくいのが「スメハラ」の特徴。対象となる従業員を呼び出して、「あなた、臭いですよ」と真っ向から注意するわけにもなかなかいかないのだ。


SPECIAL TOPICS

宮崎智之 [フリーライター]

フリーライター。1982年3月生まれ。地域紙記者を経て、編集プロダクション「プレスラボ」に勤務後、独立。男女問題や社会問題、インターネット、カルチャーなどについて執筆。
ツイッターは@miyazakid
 

 


あなたの知らないスメルの世界~It's a smell world.

「パパ、臭いからあっち行って!」「あなたの枕、ほんっとうに臭いんだけど!」小さい頃はすぐ抱きついてきてくれた娘や、かつては優しく微笑みかけてくれた妻から、こんな罵声を浴びせられた経験を持つミドル男性は、きっと少なくないはずだ。そればかりではない。職場でも気付かないうちに、女性社員から「あの人、クサいよね」と後ろ指を指されている人もいるだろう。世の中に「ニオイ」に悩む男性は多い。時としてあなたの体臭は、周囲の人々にとって「スメハラ」(スメル・ハラスメント)の原因となることさえある。いったい、何が男性を臭わせているのか。それを予防するためには、日頃から何を心がければいいのか。あなたの知らない「スメルの世界」をまじめに分析する。

「あなたの知らないスメルの世界~It's a smell world.」

⇒バックナンバー一覧