ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
歴史に学ぶ「日本リバイバル」 松元崇(元内閣府事務次官、第一生命経済研究所特別顧問)

アベノミクスの原型・高橋是清の経済政策を顧みる
積極財政の誤解と国債の日銀引き受けから学ぶこと

松元 崇 [元内閣府事務次官/第一生命経済研究所特別顧問]
【第1回】 2014年12月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

これほど誤解されている人もいない
アベノミクスの原型、高橋是清

 12月の総選挙は、アベノミクスの是非を問うものになった。アベノミクスとこれまでの政府の政策との最も大きな違いは、デフレからの脱却のために思い切った金融政策を断行したことである。

 デフレからの脱却といえば、厳しいデフレから脱却し経済を活性化させた戦前の高橋是清が思い浮かぶが、高橋財政と言われるその政策の本質も、思い切った金融政策であった。

 筆者は長年にわたり、戦前の経済財政政策を研究してきたが、アベノミクスの是非が問われるようになった今日、当時の高橋是清の政策運営から学ぶべきものが何かについて、改めて整理してみることとしたい。

 最初に、ごく簡単に高橋財政が登場した頃の時代背景を振り返っておこう。当時の日本は、昭和5年(1930年)に井上準之助蔵相が実施した旧平価(日本経済の実力以上の円高水準)による金解禁で、不況のどん底にあった。そんな中で、昭和6年(1931年)には満州事変が起こり、世を挙げて軍事最優先になっていった。

 つい10年ほど前の加藤友三郎内閣(1922年-23年)においては、その前の高橋是清内閣の緊縮財政路線を引き継いだ大軍縮が行われ、「電車に乗るのにも軍服では気がひける」といわれていた状況だったのが、様変わりしていた。そこで、景気回復と軍事予算抑制による健全財政への復帰という課題を背負って登場したのが、このときの高橋是清であった。

 はじめに言うと、高橋是清くらい誤解されている人も少ない。その最たる誤解が、高橋は経済成長最優先の積極財政論者だったというものである。経済成長最優先だったというのはその通りであるが、そのために高橋が何よりも重要と思っていたのは、効率的な金融制度の確立であった。そして、効率的な金融制度を守るためには健全な財政基盤が必要と考える健全財政論者だった。ただ、時に応じて臨機応変の積極財政も断行したのである。

 高橋が健全財政論者だったことは、明治44年(1911年)6月に高橋是清が日銀総裁になったときに政府に提出した意見書を見れば、明らかである。同意見書で高橋は、「歳出ノ増加ハ断然之ヲ避クル」として、日本銀行総裁の立場から健全財政を求めていた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

松元 崇 [元内閣府事務次官/第一生命経済研究所特別顧問]

まつもと・たかし/株式会社第一生命経済研究所特別顧問、日本ボート協会理事。1952年生まれ。鹿児島県出身。東京大学法学部卒、スタンフォード大学経営大学院修了。1976年大蔵省(現財務省)入省。熊本県庁企画開発部長、大蔵省銀行局金融会社室長、主税局総務課主税企画官、財務省主計局次長などを経て内閣府に転じ、政策統括官(経済社会システム担当)、官房長、事務次官などを歴任。著書に『恐慌に立ち向かった男 高橋是清』(中公文庫)、『「持たざる国」への道-「あの戦争」と大日本帝国の破綻』 (中公文庫)、『高橋是清暗殺後の日本――「持たざる国」への道』(大蔵財務協会)、『山縣有朋の挫折――誰がための地方自治改革』( 日本経済新聞出版社)、『リスク・オン経済の衝撃』(日本経済新聞出版社)など。


歴史に学ぶ「日本リバイバル」 松元崇(元内閣府事務次官、第一生命経済研究所特別顧問)

日本はのるかそるか――。アベノミクスの信が問われるこの国は、まさに時代の岐路に立たされている。我々日本人は、政治、経済、社会の改革をどう見据え、新しい国づくりを考えて行けばいいのか。そのヒントは、近代日本を築き上げてきた先人たちの取り組みからも学び取ることができる。内閣府時代に新しい経済・社会システムづくりの知見を深め、歴史上のキーマンたちの姿を描いた著書を通じてわが国の課題を問い続ける著者が、「日本リバイバル」への提言を行う。

「歴史に学ぶ「日本リバイバル」 松元崇(元内閣府事務次官、第一生命経済研究所特別顧問)」

⇒バックナンバー一覧