ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
女子高生社長、経営を学ぶ。
【第3回】 2015年11月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
椎木里佳 [株式会社AMF代表取締役],椎木隆太 [株式会社ディー・エル・イー代表取締役]

「わたし、スーパースターになりたい」

「女子高生社長」として有名な椎木里佳さん。パパは「鷹の爪」で有名なコンテンツ会社「ディー・エル・イー」の椎木隆太社長です。

 里佳さんが、上場企業の社長であるパパに「経営」のことを聞く企画。今回は、里佳さんの子ども時代に話が及びます。

(取材・構成:佐藤智、竹村俊介、撮影:宇佐見利明)

【第1回】「起業って、学校では教えてくれない大切なことが学べるんだね!」

【第2回】「パパを見てて『すごい楽しそうだなあ』って思ったんだ」

わたし、スーパースターになりたい

パパ 里佳は学校生活だけで満足、って感じじゃないよね?

里佳 ちっちゃいころからずっと満たされないよ。

パパ 「私はもっとできる!」っていう?

里佳 そう。なにかもっとできるって、いつも思うんだよね。「なにかしよう、なにかしよう」って。だから「もう、これでいいや」っていうのは、まったく思わない。

パパ そういえば、里佳が高校二年生のときだったかな。テレビでインタビューされたことあったよね?

里佳 うん。高一で新聞に取り上げられて、そこそこ目立ち始めたころだったかな。

パパ そのインタビューで「里佳さんは、ここまですごく順調に来ているけれど、どうですか?」聞かれて、「なに言うのかな?」と思ってたら……覚えてる?

『女子高生社長、経営を学ぶ』ダイヤモンド社より発売。1300円+税

里佳 うん。「私の予定では既にスーパースターになってるはずなのに、まだ自分はこんなところにいるのが納得できない」みたいなこと言ったんだよね。

パパ てっきり「新聞に出たら反響が大きくてビックリしました」的なことを言うのかと思ったのに。

里佳 手帳に書いてたのね。「○月には新聞に出る」「○月にはテレビに出る」「○月にはみんなからチヤホヤされる」みたいに計画を書いてた。それで「11月にスーパースターになる」って書いてたの、そこには。

 だれど、そのときはぜんぜんスーパースターになれてなかった。目標からはほど遠くて全然クソだったから「本当にまだまだです」みたいな感じで言ったんだよね。

パパ それ見てビックリして。「そんな簡単にスーパースターなんかなれるわけないだろ」なんて思いながらも、野心のスケールがデカいなって思ったよ。

里佳 だから常に現状に不満を持ってるんだよね。一日の最後に「今日もっと、あれができたかな」とか。それは子どものときからそうで、例えば「トイストーリー、もう一本見れたな」とか(笑)。

パパ ひとり反省会ね。

里佳 みたいなのを、けっこう毎日やってて。勝手に反省してるんだよね、いつも。

泣き虫小学生から、中学で「キャラ変」

パパ 昔は「アイドルになりたい」とか言ってたよね?

里佳 アイドルかわかんないけど、注目されたい、目立ちたいって思ってた。

 でも、小学校六年間ずっと同じクラスだったから、小一で付いたポジショニングってずっと同じなの。小一のときって私、めっちゃ泣き虫で、授業初日のときに朝、教室でパパから離れただけで、大泣き。先生、超困るみたいな。だから、ポジショニングは全然上じゃなく、むしろ下から数えたほうが早かった。

パパ 一番、背もちっちゃくてね。

里佳 そう、ちっちゃくて。なので、小学生のときは、前に出たいなと思ってたけど、出られず。

 中学に入るときに「これを変えるのは今しかない」と思って、キャラ変し始めて、目立つ努力をだんだんしていったんだよね。

パパ そうか、小学校のときは「こんなはずじゃない」みたいな気持ちだったんだ?

里佳 強かったね。全然モテなかったしね。小学生のときだって、「あの子好き」みたいなのあるじゃん? でも、全然なかった。「好き」なんて、言われたこともないし。

一回告白したときもあったんだけど「は?」って言われて。それですごく落ち込んで、「中学になったらモテたい!」って。

パパ モテたいと思ったんだ。

里佳「絶対モテたい」と思って(裏声で)。

パパ 裏声になるぐらい(笑)。

里佳 それで、部活に5つ入ったのね。いっぱい入れば目立てるかなと思って。ダンス部とか。

パパ おー、モテそうだね。

里佳 モテそうでしょ。なので、全然キャラじゃないダンス部とか入って、派手な人たちに揉まれながらやってた。

パパ 「キャラ変」したわけね、そこから。

里佳 キャラ変。小学校で6年間溜まっていたものが全部バーッと出た。

パパ 花開いたわけだ。

里佳 そう。

パパ ネット上で責められるぐらいキャラ変したんだね。

里佳 そう。

パパ ところで、たらしてたって何してたの?(汗)

里佳 彼氏をとっかえひっかえしてた。

パパ そりゃ責められるよ。

里佳 中学生の恋愛なんて、そんなもんだよ。

パパ そういうもの?

里佳 とっかえひっかえしてたら、元彼のまわりの男の子たちが無駄な正義感持ち始めちゃって、いろいろ言われるようになった。すれ違いざまにボーンってぶつかられたりとか。

パパ まあ、それもすべて経験だよ。

 ぜんぶ里佳が蒔いた種でもあるしね。「行動した向こうに結果があって、責任が生じる」という当然の流れを勉強してもらえればいいかな。

里佳 いい勉強にはなりました……。

 

(続く)

この対談を特別編集し、「起業と経営の基本ノウハウ」を詰め込んだ椎木里佳さん・隆太パパ初の著書『女子高生社長、経営を学ぶ。』がダイヤモンド社より来春発売予定! 乞うご期待!

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


椎木里佳 [株式会社AMF代表取締役]

1997年生まれ。現役の高校3年生で、実業家。「女子高生社長」として知られ、都内の高校に通いながら、六本木ヒルズに事務所を置く株式会社「AMF」を経営。小学校のときにホリエモンの活躍を見て、社長業に興味を持つ。中学3年生のときに起業。現在は、学業のかたわら、スマートフォン向けアプリの開発や各種イベント企画プロデュースなどの事業活動を展開している。父は「鷹の爪」で有名なDLEの社長、椎木隆太氏。

椎木隆太 [株式会社ディー・エル・イー代表取締役]

慶応義塾大学経済学部卒業。「秘密結社 鷹の爪」などをはじめとする、さまざまなキャラクターを保有。1991年4月ソニー株式会社入社。1992年よりソニーインターナショナルシンガポール駐在。1995年ソニーベトナム・ハノイ支社長就任。2001年ソニー株式会社退職後、有限会社パサニア(現株式会社ディー・エル・イー)を設立し、代表取締役就任。現在に至る。


女子高生社長、経営を学ぶ。

女子高生社長として知られる椎木里佳さんが、上場企業の社長であるパパに経営を学ぶ!

「女子高生社長、経営を学ぶ。」

⇒バックナンバー一覧