“日本一のマーケッター”神田昌典氏の新刊『稼ぐ言葉の法則――「新・PASONAの法則」と売れる公式41』から、注目の「ブランド=ファン数の法則」をこっそり紹介しよう。

【貧す人】→ブランドになるために、「カッコいいロゴ」を。
【稼ぐ人】→ブランドになるために、「多くのファン」を。

神田昌典(Masanori Kanda)
経営コンサルタント・作家。株式会社ALMACREATIONS代表取締役。日本最大級の読書会「リード・フォー・アクション」主宰。上智大学外国語学部卒。ニューヨーク大学経済学修士、ペンシルバニア大学ウォートンスクール経営学修士。コンサルティング業界を革新した顧客獲得実践会を創設(現在「次世代ビジネス実践会」)。のべ2万人の経営者・起業家を指導する最大規模の経営者組織に発展。わかりやすい切り口、語りかける文体で、従来のビジネス書の読者層を拡大。「ビフォー神田昌典」「アフター神田昌典」と言われることも。『GQ JAPAN』(2007年11月号)では、「日本のトップマーケター」に選出。2012年、アマゾン年間ビジネス書売上ランキング第1位。著書に、『あなたの会社が90日で儲かる!』『非常識な成功法則【新装版】』『口コミ伝染病』『60分間・企業ダントツ化プロジェクト』『全脳思考』『ストーリー思考』『成功者の告白』『2022――これから10年、活躍できる人の条件』『不変のマーケティング』『禁断のセールスコピーライティング』、監訳書に、『ザ・コピーライティング』『伝説のコピーライティング実践バイブル』『ザ・マーケティング【基本篇】』『ザ・マーケティング【実践篇】』などベスト&ロングセラー多数。

 一流クリエイティブ・ディレクターにお願いすれば、企業イメージを刷新する戦略、そしてロゴデザインのコストはおよそ1億円。

 それを、テレビCMをはじめとした広告で社内外に浸透させていくためには、さらに数億円、十数億円もの予算をかけることもある。

 こんな金額を聞かされると、普通の会社がブランドをつくるなんて、まったく無理だとあきらめてしまいそうになるけれど……、その本質を考えてみたとき、ブランドは自然に育っていくものであることがわかる。

 なぜならブランドとは、印象に残るロゴマークでもテレビCMでもなく、ファンの数によってつくられ始めるからだ。

 仮に、あなたに100人の熱心なファンがいたとしよう。彼らは、値引きすることなく商品を買ってくれるし、あなたがすすめるものは疑いなくいいものだと信じてくれる。

 つまり、その100人の中では、あなたの会社はすでに立派なブランド。立派なロゴやおしゃれなウェブサイトがあろうがなかろうが関係ない。

 毎日行列ができるラーメン店が全国に名だたるブランドになるように、「ブランド=のれん」ではなく、「ブランド=ファンの数」なのである。