ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
定年までにやるべき「お金」のこと
【第8回】 2016年5月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
深田晶恵

老後生活を暗転させる!
1200万円のムダな出費とは?

1
nextpage

消費税増税、社会保険の負担増、教育費の高騰などで貯金が少ない40代、50代。今の日本人の平均寿命は83歳で、60歳定年から平均で23年もある。老後年収200万円で20年以上安心して暮らすためには、老後のお金の現状を知っておくべきである。

ダイヤモンド・オンラインでも人気の連載「40代から備えたい 老後のお金クライシス」を書いている深田晶恵さんが、『定年までにやるべき「お金」のこと』という本を上梓。この内容をベースに、お金に不安がある人たちに役立つコンテンツを紹介していく。

「保険は必ずはいるもの」ではない!
  トータルの保険料の支払いはいくら?

現在、年収が800万円あっても、年金収入は200万円。これで25年生きるとするとムダなお金は使えない。保険は家の次に大きな買い物と言われる。トータルで払う金額を考えると1000万円を超えるケースが少なくないからだ。

今回は、きちんと見直すと効果が大きい「保険」について、みていく。

まずチェックすべきは、「保険の入りすぎ」になっていないかということだ。「保険」と聞くと、「何かあったときに守ってくれる」というイメージがあるためか、「保険は必ず入っておくもの」という前提に立って売り手の話を聞いてしまう人が多い。

そのようなスタンスの人が、保険の営業職員から

「社会人になったら、保険の1本くらい入っておいたほうがいいですよ」
「結婚されたのでしたら、奥さまのためにも保障を充実させましょう」
「お子さまが生まれたら、万が一の備えをしっかりしないと。死亡保障は4000万円はあったほうがいいですね」
「ケガや病気の備えはできていますか? 医療保険にはご加入されたほうが……」
「老後がご心配でしょう? 年金保険がお勧めですよ」
「介護のご不安がおありなら、介護保険はいかがですか」

このように保険を勧められたら、どうするだろうか?

社会人になる、結婚する、子どもが生まれる、さらに年金不安、介護不安…今までの生活に変化が起きたときに、このように言われると「確かにそういう心配や不安はあるな。保険で備えておけるなら、入っておくか」と考えるのではないだろうか。

ちなみに、物やサービスを売るのに一番効果的なのは、相手の不安をあおることだと言われる。保険の営業担当者のセールストークが、こうした「不安に弱い消費者の心理」を巧みに利用しているということは知っておいたほうがいい。

今の40〜50代は、こうして若い頃から勧められるままに加入してきた保険にずっと入りっぱなしになっているケースが多い。そして、これが老後への準備を妨げる要因になっている。

中には月の保険料が5万〜6万円にもなっている人もおり、本来なら貯蓄に回せるはずのお金がどんどん保険料に消えていってしまっているのだ。月5万円なら年間60万円、20年間払い続ければ保険料だけで1200万円にもなる。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


深田晶恵 

ファイナンシャルプランナー(CFP)、(株)生活設計塾クルー取締役。

1967年北海道生まれ。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さない独立系FP会社である「生活設計塾クルー」のメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じて「買い手寄り」のマネー情報を発信している。20年間で受けた相談は4000件以上。日本経済新聞、日経WOMAN、レタスクラブ等でマネーコラムを連載、ほかにダイヤモンド・オンラインでの『40代から備えたい 老後のお金クライシス!』のネット連載も 好評。

主な著書に『30代で知っておきたいお金の習慣』、『投資で失敗したくないと思ったら、まず読む本』『住宅ローンはこうして借りなさい 改訂5版』(共にダイヤモンド社)、『共働き夫婦のための「お金の教科書」』、『図解 老後のお金安心読本』(共に講談社)他多数。
1967年北海道生まれ。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さない独立系FP会社である「生活設計塾クルー」のメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じて「買い手寄り」のマネー情報を発信している。18年間で受けた相談は3500件以上。日本経済新聞、日経WOMAN、ダイヤモンド・オンライン等でマネーコラムを連載中。
主な著書に『30代で知っておきたいお金の習慣』『投資で失敗したくないと思ったらまず、読む本』、『住宅ローンはこうして借りなさい 改訂5版』(共にダイヤモンド社)(共にダイヤモンド社)、『共働き夫婦のための「お金の教科書」』『図解 老後のお金安心読本』(共に講談社)他多数。


定年までにやるべき「お金」のこと

老後年収200万円で20~30年を生き抜ける?
世帯年収700~1200万円が、いちばん危ない!

現在の40~50代は「重すぎる住宅ローン」、「高騰する教育費」、「消費好き」…の三重苦を背負っており、老後資金が不足する可能性が高い世代。今の年収がそこそこ高く、老後は「なんとかなるだろう」と思っているあなたは、実は「下流老人予備軍」 になっているかも?

現在でも、年金生活者の赤字はこの5年で年間26万円も増加。75万円も不足しています。
今の年収が高くても老後の年収は年金で200万円前後。平均寿命83歳なのに老後20年~30年を生き抜けるか……。

20年で4000件の家計をみてきた著者が、定年後、老後年収200万円で20~30年を幸せに生きるために、今からそなえておきたいノウハウを詳しく伝授!
住宅ローン、年金、保険、資産運用、教育費まで、「少し先の予測」をしておくことで将来の安心が手に入ります。

「定年までにやるべき「お金」のこと」

⇒バックナンバー一覧