ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

円高対策は為替を反転させず
日本株を大きく上昇させる

山独活継二
2010年10月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 今回の円高局面においては、実質実効為替レートなどの多国間における物価水準調整を行った指標から見ると、過去の水準との比較で円高と呼ぶほどのレベルにないことから「円高対策など必要ない、特に過去において効果のなかった為替介入などもってのほか」との論調が少なくなかった。

 事実はそのとおりなのだろうが、実際に為替を売買している立場からは違った側面も見えてくる。

 たとえば、実際に米ドル建ての外貨預金を1ドル=100円のときに購入した人が、1ドル=85円時に解約すれば15%の為替差損が発生する。ここで、実質レートの考え方に従えば、物価下落により購買力が増しているので、為替差損は相殺できているということになる。

 輸出企業にしても、ヘッジコストがかかる為替予約を常に100%組んでいるところを除けば、想定レートからはずれれば為替差損が発生する。為替ディーラーやミセスワタナベのような仮儒の投機家や、国内のデフレ分を輸出価格にすべて転嫁できて為替予約のコストも無視できるような大企業であれば、今回のような円高はたいした問題ではないのかもしれない。

 しかし、実際には、売買差損を物価下落によって相殺できていると実感している投資家や輸出企業などはほんのわずかだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧