ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
クチコミから徹底比較!大手人気企業の社員満足度リサーチ

30代で年収1000万も!?ビール大手3社の社員満足度

Vorkers(ヴォーカーズ)
【第11回】 2016年8月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
ビールのおいしい季節がやってきました

 仕事終わり、夜風が気持ちのいいビアガーデンでクーッと一杯…。

 夏真っ盛り、ビールが美味しい季節です。最近ではクラフトビール人気も高まり、醸造所が併設されたバーも登場。また、ビールの本場ドイツ発祥のイベント「オクトーバーフェスト」も、2003年の日本での初開催を機に、年々盛り上がりを見せ、2015年度には全国11会場、延べ約67万人を集める大型イベントとなっています。一時は「ビールはおじさんの飲み物」というレッテルを貼られていましたが、最近では若い人たちもビールを楽しむようになってきたようです。

 ところが、ビール大手5社が7月12日に発表した2016年上半期(1月-6月)のビール系飲料の出荷量は4年連続マイナスとなりました。クラフトビール人気が高まる一方、市場全体の縮小は続いています。ビールの美味しい季節、しかしながら、美味しい業績とはいかないようです。

 ビール系飲料のメーカー別シェアトップ3は、アサヒビールが39.2%と7年連続の首位、2位のキリンビールは32.1%と前年同期で唯一シェアを落とし、3位サントリーは16.0%となりました。それぞれのメーカーが新商品の開発やプロモーションに力を入れている中、トップ3メーカーの企業文化や働く環境はどのようなものなのか。実際に働いてみなければわからない企業や組織のリアルな姿を、「Vorkers(ヴォーカーズ)」に寄せられた社員クチコミからリサーチするこの連載。今回は、今が旬のビールメーカー3社について見ていきます。

シェアNo.1はアサヒビール、
社員満足度が高いのはどの会社?

 まず、Vorkersによる社員満足度を図る8項目の数値評価と、2つの指標(平均残業時間、有給消化率)から見ていきます。この評価項目を総合的に見ることで、社員の職場への満足度が明らかとなってきます。

 総合評価でトップだったのはサントリーホールディングス。8つの評価項目のうち6つの項目でトップとなり、他2社を大きく引き離しています。次いで2位はアサヒビール。8つの評価項目では、トップの項目はないものの全体的に高い評価でサントリーに続いています。また、月の平均残業時間が、キリンとサントリーよりも12時間以上少なく、有給消化率も2社にくらべ高いことから、ワークライフバランスを取りやすい環境であることが伺われます。3位となったキリンビールは、「待遇面の満足度」と「法令順守意識」の2つがトップとなりました。

 メーカー別シェアではトップを誇るアサヒビールですが、社員からの評価はシェア3位のサントリーが頭一つ抜きんでる形となりました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


クチコミから徹底比較!大手人気企業の社員満足度リサーチ

普段耳にするコトの多い大企業関連のニュース。一方であまり知ることのない大企業の社員による会社満足度。その声を聞くことで、明らかになりくい本当の会社の実態を知ることができます。今回の特集では、業界大手企業2社をピックアップし、ヴォーカーズに寄せられた社員クチコミからリサーチしていきます。

「クチコミから徹底比較!大手人気企業の社員満足度リサーチ」

⇒バックナンバー一覧