ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
SPORTS セカンド・オピニオン

バレーボールで32年ぶりにメダル獲得の快挙!
女子が支える日本スポーツ界の国際競争力

相沢光一 [スポーツライター]
【第129回】 2010年11月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 バレーボール中継を見て、久々の興奮と感動を味わった人も多いのではないだろうか。

 14日まで行われた女子バレーボール世界選手権で、日本が32年ぶりにメダル(銅)を獲得する快挙を成し遂げた。前日の準決勝では世界ランク1位の王者・ブラジルを、あと一歩で破るところまで追い詰め、3位決定戦では世界ランク2位のアメリカにフルセットの激戦の末、勝利した。

 2008年北京オリンピックでブラジルは金、アメリカは銀メダルを獲得し日本は5位。両国との対戦では完敗を喫した。それだけ実力差があったのに、2年間で対等に戦えるまでになったのだ。

 バレーボールは国際大会が多い。今回の世界選手権(4年に1回)に、ワールドカップ(4年に1回、開催国は日本で固定)、グランドチャンピオンズカップ(4年に1回、開催国は日本で固定)、ワールドグランプリ(毎年開催)だ。そのため年がら年中「世界一決定戦」が行われているイメージがあって大会の重要度が今ひとつ判りにくくなっているが、このなかで最も歴史があるのが世界選手権だ。各大陸の予選を勝ち抜いた国が集まるという点でサッカーのFIFAワールドカップに該当する。その意味でも今回の銅メダルは価値がある。

快挙の立役者は
眞鍋政義監督

 今回の躍進は北京五輪後に就任した眞鍋政義監督の手腕によって導かれたといえる。強豪国の高さとパワーに、まともに対抗していたら勝ち目はない。だから相手に本来のプレーをさせない戦い方をした。ビデオ解析とデータ分析を徹底して行って相手の弱点を探し、まず多彩なサーブで相手レシーブを乱す。そうしてできる限り強打を封じたうえで粘り強くボールを拾い、日本のお家芸である速攻を織り交ぜて、試合のペースを日本サイドに持ち込むという戦法だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

相沢光一 [スポーツライター]

1956年埼玉県生まれ。野球、サッカーはもとより、マスコミに取り上げられる機会が少ないスポーツも地道に取材。そのためオリンピックイヤーは忙しくなる。著書にはアメリカンフットボールのチーム作りを描いた『勝利者』などがある。高校スポーツの競技別・県別ランキングをデータベース化したホームページも運営。 「高校スポーツウルトラランキング」


SPORTS セカンド・オピニオン

サッカーから野球、大相撲や陸上に至るまで、あらゆるスポーツニュースを独自の視点で解説!スポーツニュースの「セカンド・オピニオン」を目指します。

「SPORTS セカンド・オピニオン」

⇒バックナンバー一覧