ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週刊ダイヤモンド 企業特集

クレディセゾン 林野宏社長インタビュー
「アメックスという武器を使い
カード市場での成長を誓う」

2010年12月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
クレディセゾン社長 林野宏
Photo by Toshiaki Usami

新券面のアメックスカード発行に加え、提携戦略も積極化させるなど、クレジットカード業界で一人、気を吐くクレディセゾン。林野社長は、「“敵は現金”だということをよく考えて、イノベーションを繰り返していけば成長は可能だ」と語る。(「週刊ダイヤモンド」編集部、野口達也)

 クレジットカード産業を取り巻く環境が大変厳しいのは事実だが、私は悲観していない。日本はショッピングにおけるクレジットカードの決済比率はまだ10%程度と低いので、成長余地はある。「敵は現金」だということをよく考えて、イノベーションを繰り返していけば成長は可能だ。利便性やポイントが付くという特典を考えても、カードが現金に勝てない理由は見当たらない。

 わが社は百貨店やスーパーの顧客をベースとして成長したことから、リテールで圧倒的な顧客基盤を獲得していることが強みだ。それにセンチュリオンのマークが入った券面のアメックスカードを提携カード会社として特別に使用できるという武器が加わり、地盤はさらに強固になった。

 特にアメックスカードは、ステータスカードとしてシェアを取れると期待している。クレディセゾンは無料カード会員が多いのが特徴だったが、会費がかかるステータスカードにも取り組んでいくよう戦略を転換した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


週刊ダイヤモンド 企業特集

経済環境が激変するなか、企業が成長を続けるためには、従来の価値観に捉われない長期的な視点による経営戦略が必要だ。経営課題を克服して自社の強みを伸ばすための秘訣を、大企業の経営戦略から紐解いてみよう。

「週刊ダイヤモンド 企業特集」

⇒バックナンバー一覧