ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
身近な人ががんになったときに役立つ知識
【第4回】 2016年12月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
内野三菜子

給付金がもらえない!?
「上皮内がん」は、がんではないの?

1
nextpage

今「がん」に関する情報があふれています。芸能人でもがんを公表する人がいるため、ある意味、よく聞く病気になりました。しかし、情報があふれているゆえに、本当に正しい情報はなんなのか……迷う人が多いのも事実です。
そこで、がん患者さんに日々接している現役の国立病院の内野三菜子医師が、がんの主治医に聞きにくいようなことや、知っておいたほうがいいことなどを解説した本『身近な人ががんになったときに役立つ知識76』を発売。この連載では、その本の中から気になるところを紹介していきます。

上皮内がんというのは
ステージ0のがん

 上皮内がんは、がんではないの?

「上皮内がん」というのは、がんのステージでいえば「0期」のがんです。
「がん」というのは、正式には「悪性新生物」といいます。そして「上皮内がん」は、正しくは「上皮内新生物」と呼ばれるもので、細胞内でがんができた場所の違いから「悪性新生物」=(がん)とは区別されています。

 臓器は、何層もの細胞が積み重なって作られていますが、臓器の表面にある「上皮」の下に「基底膜」という薄い板のような膜があり、臓器の深部の細胞と区切られています。人間の体は、この上皮と基底膜で守られているので、上皮部分にがん細胞ができても、一定期間は上皮内にとどまっています。これが「上皮内新生物」で、がん細胞が深部まで入り込んでいないので、「非浸潤がん」ともいいます。

 上皮内新生物は、体のほかの部位に転移がなく、がん化した細胞を完全に取り除ければ治る可能性が高いので、比較的簡単な局所切除などで済むのが一般的です。

 一方、がん化した細胞が基底膜を超えて、「間質」という部分まで広がってくると「悪性新生物」になります。がん化した細胞が基底膜を破って臓器の深部まで入り込んでくると、がんが周囲に染み出るように広がりだします。この状態は「浸潤がん」とも呼ばれます(ただし、すべての悪性新生物が上皮から臓器の奥のほうへ浸潤していくプロセスをたどるわけではありません)。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    お金のウソ

    お金のウソ

    中野晴啓 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    誰も教えてくれなかった「お金の真実」!親の言うことを聞いているとお金が減る。 20代、30代がこれから生き抜くための本当に必要で最低限の知識。 成長なき「成熟経済」の時代に、お金を着実にふやして、守り、安心を手に入れるには、 預金、保険、銀行、投資…お金をふやすには、どうつきあうのが正解?

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    東京都出身。国立国際医療研究センター国府台病院 放射線治療室長。
    聖マリアンナ医科大学放射線科、埼玉医科大学国際医療センター放射線腫瘍科を経て、カナダ・トロントのプリンセスマーガレット病院放射線腫瘍科にて、日本人初のクリニカルフェローとなる。並行してトロント大学オンタリオ教育研究所(大学院)医学教育学にて修士号取得。帰国後、国立国際医療研究センター病院を経て、現職。日本医学放射線学会専門医(放射線治療)、がん治療認定医。
     


    身近な人ががんになったときに役立つ知識

    今「がん」に関する情報があふれています。しかし、情報が多すぎ本当に正しい情報はなんなのか……と迷う人が多いのも事実です。
    そこで、がん患者さんに日々接している現役の国立病院の内野三菜子医師が、がんの主治医に聞きにくいようなことや、知っておいたほうがいいことなどを解説、まとめた書籍『身近な人ががんになったときに役立つ知識76』より、その中で気になるところを紹介していきます。
     

    「身近な人ががんになったときに役立つ知識」

    ⇒バックナンバー一覧