ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
マンガでわかる!管理会計の基本
【第10回】 2016年12月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
森岡寛

売上高の大きい商品や店舗、営業社員が、
売れ筋商品や優良店舗、優績社員とはかぎらない

1
nextpage

次世代のビジネスパーソンには、業務の専門知識だけではなく、経営をよくする会計の視点を通じて「自分の仕事を数字でとらえる力」、そして「数字で判断して、改善のための提案ができる力」が必須になります。
本連載では、11月11日発売の『マンガで入門!管理会計が面白いほどわかる本』(作・森岡寛、画・紅乃香菜)の内容を紹介しつつ、売上とは、コストとは、利益とは?固定費、変動費の違いとは?限界利益とは、貢献利益とは等、経営をよくする会計のしくみと基本について、著者の森岡寛氏がわかりやすく解説いたします。

売上高の大きい商品が、そのまま売れ筋商品とは限らない

森岡寛(もりおか・ひろし) キャッシュフローマネジメント株式会社/財務マネジメント株式会社 代表取締役 1974年生まれ。高知県高知市出身。実家は製麺業を営む。中学卒業後は高校に進学せず、大検取得後の1995年、近畿大学に進学。近畿大学在学中、会計学研究会に所属し、管理会計の研究に従事。卒業後、会計事務所勤務を経て、2003年起業。起業後は、東京・大阪で中小企業のキャッシュ・フロー改善に特化した財務コンサルティングを展開。現在は「キャッシュフローの専門家」として、講演・執筆・コンサルティング業務に従事する一方、ITツールを活用してワークライフバランスの充実に努めている。妻と子ども2人の4人家族。著書に『マンガで入門!会社の数字が面白いほどわかる本』、『社長のための黒字の教科書』(ともにダイヤモンド社)がある。 http://www.cashflow.co.jp  http://www.zaimu.net

 皆さんの会社でも、取り扱う商品アイテムや得意先が複数存在していると思います。

 また、商品や得意先だけでなく、複数店舗を経営していたり、営業社員が複数働いているケースなどがあります。

 このように、一つの商品の売上高、一つの得意先の売上高、一つの店舗の売上高、一人の営業社員の個人別売上高という区分で、売上を分解することや平均値を出すことが可能です。

 また、売上は「客数×客単価」でも分解できますし、企業の現場においていろんな場面で応用できます。

 しかし、売上高の大きい商品・店舗・営業社員・得意先が、そのまま売れ筋商品・優良店舗・優績社員・優良顧客と断定するのは、短絡的にすぎます。

 なぜかと言いますと、会社は売上を上げることが目的ではなく、利益を出して黒字にすること、キャッシュフローを良くして、手元資金を潤沢にすることが重要だからです。

 どの会社も売上が上がっているから赤字でもよい、売掛金の回収が遅れてもよい、ということはありません。

 以下の例をご覧ください。

例)
商品A:売上1億円   限界利益2000万円(限界利益率20%)
商品B:売上5000万円 限界利益2500万円(限界利益率50%)

 売上だけで比較すると、商品Aが優れているように思います。

 でも、限界利益を見ると商品Bが限界利益率・限界利益額の双方で優れていることがわかりますね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
キーワード  数字
10年後、君に仕事はあるのか?

10年後、君に仕事はあるのか?

藤原和博 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年2月

<内容紹介>
人工知能、グローバル化、就活の地殻変動… 約50%の仕事が今後10〜20年でなくなると言われる。 そのような時代を生き抜くためにはどんな力を身につけておくべきなのか? 教育改革実践家の著者が、高校生に語りかけるスタイルで仕事が消滅していく社会で「稼げる大人」になる方法を伝授する。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、2/12~2/18)


注目のトピックスPR



マンガでわかる!管理会計の基本

これからのビジネスパーソンに求められるのは、単に自分の仕事に関する専門知識だけではなく、経営をよくする管理会計の視点を通じて「自分の仕事を数字でとらえる力」「数字で判断して、改善のための提案ができる力」です。 本連載では、『マンガで入門!管理会計が面白いほどわかる本』の内容を引用しつつ、売上とは、コストとは、利益とは? 固定費、変動費の違いとは? 限界利益とは、貢献利益とは? 黒字に見えて赤字の商品、赤字に見えて黒字の商品をどう見分けるか等、経営を良くする会計のしくみと基本について、同著者の森岡氏がわかりやすく解説します。

「マンガでわかる!管理会計の基本」

⇒バックナンバー一覧