ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
書籍づくりの匠
【第1回】 2011年4月11日
著者・コラム紹介バックナンバー

名著集の裏に名デザイナーあり
デザイナー竹内雄二氏(前編)

1
nextpage

新連載『書籍づくりの匠』では、本作りに携わるさまざまなプロフェッショナルの方がたに、ご自身のお仕事を語っていただきます。第一回目は、ドラッカーの名著集にも関わられた、デザイナー竹内雄二さんです。

20年越しの「リベンジ」

『ドラッカー名著集』(全15巻)の装丁をやらせていただくことになった時は、さすがに緊張しました。御社(ダイヤモンド社)にとって、ドラッカーという著者がどういう存在かは重々承知していましたから。コンペで選ばれることになっていた本シリーズの装丁が僕の案に決まった瞬間、選ばれた喜びはありましたが、それ以上に緊張感が半端ではなかったです。これは大役だと。

竹内雄二氏。デスクに並べられた書籍は、すべて竹内氏の手になるもの。定番書からベストセラーまで幅広くこなす氏は、編集者からの信頼も篤い。

 こう語る竹内雄二氏は、今年20年目を迎えるブックデザインの第一人者である。名古屋の美術大学を卒業後、編集プロダクションとデザイン事務所を経て、28歳で独立した。以来、書籍に特化したデザイナーとして活躍。これまで装丁した本は1000冊を超えるという。

 実は編プロ時代に、ドラッカー関連の仕事をしたことがあるんです。もう20年以上前の話ですが、ドラッカーさんが来日したときのことです。ある企業の主催で講演会が行われることになったのですが、その講演会のパンフレットをデザインする仕事を、僕がいた編プロの社長が取ってきたのです。

 当時の僕はわずか1年のキャリアしかない、まだまだ半人前のデザイナー。ところが何を思ったか社長は、僕に「全部やれっ」と。

 それからは毎日のように、講演会を運営するダイヤモンド社の担当者から電話の催促。時間がないので、ラフを書いてはファックスで送る、という連続でした。経験もないし、時間もなかったし。それはもう、いま思い出しても恥ずかしい仕事ぶりでした。ドタバタの連続で、ドラッカーさんの経歴を「オーストラリア生まれ」なんて誤植してやり直したり(笑)。この仕事は、僕にとっての「トラウマ」になりました。

 それから20年ほど経って、奇しくもドラッカーさんの名著集の仕事が来たのですから、とても力が入りました。この仕事は僕にとって、20年前の仕事のリベンジ、という気持ちもありました。

 名著集のデザインで思い出深いのは、プレゼンを受けた際、担当編集者から「この本は僕が定年退職した後も残る本です」と言われたことです。ということは、20年以上残す本でありそれに相応しいデザインを、というリクエストです。

 そこから考えたのは、書店店頭で存在感を示すだけでなく、読者が家や会社の書斎に置いておいたときの「たたずまい」も伴ったものにしなきゃいけない、ということでした。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



書籍づくりの匠

編集者にとって書籍づくりは、多くのプロフェッショナルとの共同作業だ。著者はもちろんのこと、デザイナー、カメラマン、イラストレーター、校正者など多種多様の専門家の力を借りて一冊の本が出来上がる。本連載では、それら書籍づくりを支える「匠」に仕事に込めた思いを聞く。

「書籍づくりの匠」

⇒バックナンバー一覧