ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
幸せを引き寄せる「口ぐせ」の魔法
【第5回】 2017年3月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
山名裕子

「だって」「でも」を言いたくなったら、
「クッション話法」を使う

無意識のうちについつい言ってしまう口ぐせ。でも、その口ぐせひとつで幸せになれる人となれない人が決まってしまうとしたら……?
「だって」「でも」は、相手に不快感を与える口ぐせ。「だって」「でも」を言いたくなった時に、おすすめの方法をお伝えします。

「だって」「でも」に続く言葉の多くは、言い訳

山名裕子(やまな・ゆうこ)
やまなmental care office代表。臨床心理士。 1986年、静岡県浜松市生まれ。幼い頃から両親が一番の理解者であったが、身内ではないからこそ話せることもあるのだということに気がつく。心理学系大学を卒業後、夢に向かって努力を重ねるが、努力だけではどうにもならない挫折を味わい、自信をなくす。その後もう一度心理学を学び、臨床心理士として活動するため、大学院にて心理療法の心得や技術を習得する。2013年、臨床心理士の資格を取得。心の専門家、臨床心理士として「モーニングバード」(テレビ朝日)、「あさチャン!」(TBS系)、「Rの法則」(Eテレ)などメディア出演多数。また、有名企業から教育機関などで講演活動も精力的に行っている。主な著書に『バカ力―完璧をめざさない強さ―』(ポプラ新書)『一瞬で「できる男」と思わせる心理術』(宝島社)がある。

 「だって」「でも」は、特に女性が多く使う言葉です。ごく気軽に使う方が多いのですが、この2つの言葉は、相手に不快感を与える言葉であることをもっと認識してほしいですね。

「だって」「でも」に続く言葉の多くは、言い訳です。つまり、「だって」「でも」は、「こ
れから言い訳を始めますよ」というアピールになり、相手にストレスを与えてしまうのです。

 例えば、他人から「○○さんってこういうところあるよね?」と批判めいたことを言われたり、「○○さんのやり方より、こっちのやり方のほうがいいんじゃない?」と否定的な意見を言われたりすると、たいていの人はイラッとして、「え、でも……」と返したくなります。

 ただ、それではせっかくアドバイスをくれようとした人の思いを逆なでして、「二度と言うまい」と思わせてしまいます。

 たとえ「反論したい!」と思っても、「だって!」「でも!」と感情的に返してはお互いに嫌な気持ちになるだけ。プラスになることは一つもありません。

 そんな時は、いったん受け止める「クッション話法」を使う習慣をつけてください。「ああ、なるほど」「確かに」などのクッションとなる言葉をはさみましょう。

 例えば、批判めいたことを言われたら、「ああ、確かにそういうところがあるかもしれませんね」と受け止めてみると、相手は「聞き入れてもらえた」「認めてもらえた」と感じ、攻撃性を鎮めることができます。さらには、自分自身の反発心も軽減できます。クッション言葉をはさむことで、相手の言っていることを冷静に捉えられるようになるので、「こんな考え方もあったんだ!」と気づかされるかもしれません。自分の意見を展開するのはそのあとでも遅くないですよ。

 クッション話法以外には、「リフレクティング」(オウム返し)も有効です。指摘された点を繰り返すことで、相手も自分も冷静になります。

スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    キーワード  口癖
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    山名裕子(やまな・ゆうこ)
    やまなmental care office代表。臨床心理士。
    1986年、静岡県浜松市生まれ。幼い頃から両親が一番の理解者であったが、身内ではないからこそ話せることもあるのだということに気がつく。心理学系大学を卒業後、夢に向かって努力を重ねるが、努力だけではどうにもならない挫折を味わい、自信をなくす。その後もう一度心理学を学び、臨床心理士として活動するため、大学院にて心理療法の心得や技術を習得する。2013年、臨床心理士の資格を取得。心の専門家、臨床心理士として「モーニングバード」(テレビ朝日)、「あさチャン!」(TBS系)、「Rの法則」(Eテレ)などメディア出演多数。また、有名企業から教育機関などで講演活動も精力的に行っている。主な著書に『バカ力―完璧をめざさない強さ―』(ポプラ新書)『一瞬で「できる男」と思わせる心理術』(宝島社)がある。


    幸せを引き寄せる「口ぐせ」の魔法

    無意識のうちについつい言ってしまう口ぐせ。でも、その口ぐせひとつで幸せになれる人となれない人が決まってしまうとしたら……?
    テレビ出演多数の人気臨床心理士が、幸せを引き寄せる口ぐせの数々を、脳への効果や医学的理論を基に解説。「ハード・トゥー・ゲット・テクニック」「ピグマリオン効果」「バックトラッキング」「クッション話法」「アイメッセージ」など、心理学の手法を使ったわかりやすい解説で、「チャンスをつかめる口ぐせ」「美人になれる口ぐせ」「幸せになれる口ぐせ」などを紹介します。

    「幸せを引き寄せる「口ぐせ」の魔法」

    ⇒バックナンバー一覧