ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
連載経済小説 運命回廊
【第9回】 2011年5月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
村上卓郎

会社の事情

1
nextpage

(2005年12月、日本)

 名古屋の三栄木材株式会社を訪れるのは半年振りだった。自分がこの会社の嘱託社員であるにもかかわらず、入社以来この3年間で、本社に顔を出したのは片手の指で余るほどだと思い起こし、幸一は改めて敷居の高さを感じていた。

 会社の敷地へ入ると、まず手前に真四角で無愛想な2階建ての事務所があり、その後ろにはスレート葺きの大きな倉庫が2棟見える。おそらく数億円の木材在庫が詰まっているはずだ。その中には、幸一がマレーシアから送り出した木材も混じっていることだろう。

 事務所のドアを開け、正面のカウンター越しに目が合った事務員に声を掛けた。

 「すみません、マレーシアの山中です。岩本社長に呼ばれて来たのですが」

 午後3時、この日の出荷伝票をパソコンへ打ち込む作業に忙しいその中年女性は、胡散臭そうな目で幸一を一瞥すると、面倒臭そうに後ろを振り返る。すると、奥の席に座っていた中年男性が、幸一を認めて歩み寄って来た。

 「やあ山中君、久し振りだねえ。2階の社長室へ行ってくれ、お待ちかねだよ」

 「はあ」総務課長に促された幸一は左手奥にある階段を昇り、怪しい記憶を辿りながら廊下を進んで社長室へと向かった。ドアをノックすると、若々しい声が返ってきた。

 「はい、どうぞ」

 部屋に入ると、そこはいかにも社長室然としていた。大きな両袖デスクがあり、その背後にはガラス戸がついた書棚が壁を埋めている。手前には対座型のソファセットが据えられていた。社長の岩本はデスクの革張り椅子から立ち上がって幸一を出迎え、そのままソファに腰掛けて二人は対峙した。

 「すまないね、急に呼び出して。いつ日本に着いたんだい?」

 幸一は、2日前に岩本から至急帰国しろと命じられ、目先の仕事を急ぎ片付けて飛行機に飛び乗ったのだ。

 「昨夜KLIA(クアラルンプール国際空港)からのナイトフライトに乗り、今朝成田に着きました」

 「それじゃ東京からまっすぐ名古屋へ入ったのか、疲れただろう。東京の実家に寄って、1日ぐらい休んでから来ればよかったのに」

 そんなことは先に言ってくれ、と心で呟きながら幸一が答える。

 「いえ、お急ぎの話があると伺いましたので」

 そこへ事務員がコーヒーを持ってきて二人の前に置き、何も言わずに出て行った。

 「しかし、君のネクタイ姿を見るのは初めてじゃないかな」

 「さあ……入社前に初めてお会いした時ぐらいは、背広を着ていたと思いますが」

 マレーシアではネクタイとは無縁で、いつもポロシャツか色柄のシャツばかり、赤道に近い南国では上着を着ることも滅多にない。岩本にしても、マレーシアへ出張で来る折にはゴルフウェアというラフな格好をしていた。

 今日の幸一はブレザーの下に白いワイシャツを着て緑色を基調としたチェックのネクタイを締めており、一方の岩本も、ストライプの入った上品なシャツにブランド物らしいネクタイを締めている。社員の手前なのか、その上には『三栄』と刺繍された作業用のジャンパーを羽織っていた。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

Shin 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
たった1年で、ド落ちこぼれを外資系コンサルティングファームのマネジャーにまで成長させた超実践的成長ノウハウ! 「指摘のドラフトメール一元化」「最強のTodoリスト」……などコピー取りすらろくにできなかった20代の若手コンサルタントが、自分を変えるために必死で考えたオリジナルの7つの仕事術を紹介。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、7/16~7/22)



村上卓郎(むらかみ・たくろう)

1965年生まれ。大学在学中に中国へ留学。会社勤務にて貿易業務と海外駐在を経験。現在は独立して貿易仲介業を営む。初めて書いた『認命(レンミン)――さだめ』が第3回城山三郎経済小説大賞で最終候補に残り、選考委員から絶賛される。


連載経済小説 運命回廊

〈第3回〉城山三郎経済小説大賞は、異例の2作品が大賞受賞。惜しくも選から漏れたものの、大賞作に劣らぬ魅力があると各選考委員から絶賛された隠れた名作があった。
その作品とは『認命(レンミン)――さだめ』。
バブル期の日本になじめず、中国に渡った青年は、なぜ中国に残ってビジネスを続けるのか――。共産党の支配下で急成長する中国経済をリアルに描いた話題の経済小説が『運命回廊』と改題して、ついにWEBで連載開始!

「連載経済小説 運命回廊」

⇒バックナンバー一覧