ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
会社に入る前に知っておきたい これだけ経済学
【第10回】 2017年3月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

一流の経営者、投資家は○○にとらわれない

1
nextpage

私たちは、さまざまな場面で「取り返しようのない費用」にとらわれてしまう。しかし、一流の経営者や投資家たちは、その費用を忘れるべきものだと知っている。なぜなら、経済学を学んでいるからだ。経済学ではどのようにこの費用について説明されているのか。『会社に入る前に知っておきたい これだけ経済学』の著者・坪井賢一氏に教えてもらった。

誰もがとらわれる「取り返しようがない費用」

 個人の活動においても、企業経営においても、すでに使ってしまって取り返しようがない費用にとらわれてしまうことは多い。この費用のことを経済学ではサンクコストという。日本語で埋没費用という意味で、意思決定時にとても重要な考え方となる。

 たとえば、大学受験の際にもサンクコストは発生している。私大文系の大学受験料は、だいたい3万5000 円が相場だろう。第4志望から第1志望まで4校受験し、全部合格したとする。受験料は4 校合計で14万円も支払っている。第1志望に合格したあとで、残り3校分の受験料10万5000円をもったいないと考える人もいるだろう。しかし、これは取り返しようがなく、進学に必要だったお金で、忘れるべきだ。この10万5000円がサンクコストである。

 

 

 

 

 

 株式投資も同様だ。10万円で購入した株が下がり、5万円の損が出たとする。この5万円を取り返そうと、同じ株を底値と思われる時点で10万円分買った。そうすれば平均取得価格が下がるので気が楽になる。しかし、これは間違い。取り返しのつかない損(サンクコスト)にこだわって買い増ししてしまったわけで、経済学的には間違いだ。とっととあきらめて他の投資を考えたほうがよかった。5万円の損失は投資の学習代だと考えて忘れたほうがいい。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
世界のお金持ちが20代からやってきた お金を生む法則

世界のお金持ちが20代からやってきた お金を生む法則

加谷珪一 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年5月

<内容紹介>
世界のお金持ちは、どうやってお金持ちになったのか? 実はお金持ちだけが知っている「お金持ちになる王道」があった! ビル・ゲイツ、イングヴァル・カンプラード、松下幸之助、坂本孝……彼らに共通するお金持ちになるための必須の資質とは? 億万長者との対話でわかったお金持ちになる秘密を大公開!

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、6/11~6/17)



坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

1954年生まれ。78年早稲田大学政治経済学部卒業後、ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て現職。著書に『複雑系の選択』『めちゃくちゃわかるよ!経済学』(ダイヤモンド社)『浦安図書館を支える人びと』(日本図書館協会)など。


会社に入る前に知っておきたい これだけ経済学

経済誌の元・編集長が、社会人が知っておくべき最低限の経済学の知識を厳選して紹介! 社会人一年目の人も、これまで経済学を学んでこなかった人も、経済学の基本をしっかりと学べます。

「会社に入る前に知っておきたい これだけ経済学」

⇒バックナンバー一覧