ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経済は地理から学べ!
【第11回】 2017年3月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
宮路秀作 [代々木ゼミナール・Y‐SAPIX東大館地理講師]

世界中の自動車企業が、
メキシコを目指す本当の理由

「経済×地理」で、ニュースの“本質”が見えてくる!仕事に効く「教養としての地理」

地理とは、農業や工業、貿易、交通、人口、宗教、言語にいたるまで、現代世界の「ありとあらゆる分野」を学ぶ学問です。

地理なくして、経済を語ることはできません。

最新刊『経済は地理から学べ!』の著者、宮路秀作氏に語ってもらいます。

メキシコがわかれば、アメリカもわかる

 自動車という非常に便利な輸送手段をいかにして手に入れるか? これはとても重要なことです。自動車があれば、人々の行動範囲が飛躍的に拡大するからです。

 本日は、世界的な自動車生産国であるメキシコに焦点を当てます。メキシコを知ることで、「なぜアメリカがTPP離脱をしたか」をより深く理解できるようになるでしょう。

 メキシコの自動車産業は、「お金持ちがたくさん住んでいる」アメリカ合衆国に向けた自動車の生産拠点として、1980年頃より活発になります。

 1994年になるとNAFTA(北米自由貿易協定)が発効。日本やアメリカ合衆国の自動車企業の進出が増加し、生産台数が増加しました。

 2013年は、生産台数305万5000台に対して、242万3000台を輸出。生産台数に対する輸出割合は79.3%です。

 では、なぜメキシコへの海外自動車企業の進出が進んだのでしょうか? 理由は3つあります。

 まず1つ目に、日本やアメリカ合衆国、ドイツと比べて、メキシコの低い賃金水準があります。さらに人口が1億2700万人と多く、安価で豊富な労働力が存在することは、生産拠点を設置する際に重要です。またメキシコの賃金水準は、この25年間ほぼ横ばいで推移しています。これは、メキシコではアメリカ合衆国ほど労働組合が強くないので、賃金上昇の抑制が働くためです。

 2つ目に、アメリカ合衆国に対する物理距離が小さく、また地続きであるという、地理的有利性を持っていることです。カナダと異なり、南北アメリカ大陸の中央部に位置していることから、アメリカ合衆国だけでなく中南アメリカ諸国への輸出も容易です。

 さらに太平洋にも大西洋(正確にはメキシコ湾)にも面していることから、アジア市場やヨーロッパ市場へのアクセスも容易です。太平洋側のラサロカルデナス港と、大西洋側のベラクルス港は自動車輸出基地として知られています。このような地理的特性も有利に働いています。

 3つ目に、メキシコは45ヵ国以上(EU含む)とFTA(自由貿易協定)を締結していることです。

 メキシコは、1982年の債務危機をきっかけに市場開放を進め、現在は世界中の自動車市場にアクセスすることが可能になっています。

 日系企業としては、「日本で作ってアメリカ合衆国に輸出する」と関税がかかりますが、「メキシコで作ってアメリカ合衆国に輸出する」と関税がかかりません。このことからも、メキシコの自動車輸出が盛んなことがわかります。

 しかし、輸出割合が高いということは、今後の生産台数の増加を支えるだけの社会資本整備の拡充は欠かせません。

 また、中国、インド、ブラジルの台頭で、アジア市場や南アメリカ市場への優位性を失う可能性もあります。アメリカ合衆国市場への依存型では、いずれ限界がくるでしょう。

 メキシコの自動車産業の成長のカギは、国内市場です。今後、メキシコ国内の自動車購買層が拡大すれば、人口大国だけに魅力的な市場へと成長する可能性を秘めています。また、高級車市場への参入も今後の成長にとっては重要な要因の1つとなりそうですね。

スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/13~8/19)



     宮路秀作(みやじ・しゅうさく) [代々木ゼミナール・Y‐SAPIX東大館地理講師]

     「東大地理、センター地理」などの講座を担当する実力派。
     一部の講師しか担当できないオリジナル講座を任され、 これらは全国の代々木ゼミナール各校舎・サテライン予備校にて サテライン放映(衛星通信を利用して配信)されている。「地理」を通して、現代世界の「なぜ?」「どうして?」を解き明かす講義は、9割以上の生徒から「地理を学んでよかった! 」と大好評。
     講義の指針は、「地理とは、地球上の理(ことわり)である」。代ゼミ講師2年目から模試の作成にも携わり、2011年からは東大プレの担当も任されている。開設講座のほとんどがサテライン放映されており、また高校教員向け講座「教員研修セミナー」の講師を担当するなど、「代ゼミの地理の顔」となる。生徒アンケートは、代ゼミ講師1年目の2008年度から全国1位を獲得し続けている。 東京、名古屋、札幌、新潟と、全国の校舎で教壇に立つ。代ゼミ新潟校・名古屋校で開講された自身初のオリジナル講義は、100人教室が初年度から満席。翌年からサテライン放映講座となる。対面授業、サテライン授業あわせて、1週間で2000人以上の生徒を指導している。


    経済は地理から学べ!

    地理がわかれば、経済ニュースがもっとわかる! 仕事に効く「教養としての地理」。
    「東大地理」を担当する“現役"予備校講師が教えるから、面白くて、わかりやすい!
    地理とは、地形や気候といった自然環境を学ぶだけの学問ではありません。
    農業や工業、貿易、流通、人口、宗教、言語にいたるまで、
    現代世界で目にする「ありとあらゆる分野」を学ぶ学問なのです。
    地理という“レンズ"を通せば、人間の経済活動により深い解釈を加えることができます。

    「経済は地理から学べ!」

    ⇒バックナンバー一覧