ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

ホームページを閉鎖した
ファナックの超強気経営

週刊ダイヤモンド編集部
2011年6月7日
著者・コラム紹介バックナンバー

 時価総額は3兆円。その大きさはみずほフィナンシャルグループを上回る国内13位(5月31日現在)の東証1部上場企業のファナックが、今年1月以降、ホームページを閉鎖している。「長らくメンテナンス中で、再開するかどうかは未定」(同社)としており、閉鎖の理由について明らかにしない。

 ファナックは、工作機械用の数値制御(NC)装置や産業用ロボットなどの世界トップ企業だ。アジアにおける設備投資需要の急拡大により、同社の業績は絶好調。昨年度の売上高は4462億円、営業利益は1898億円で利益率は43%。自己資本比率はじつに87.9%に上る。富士通のNC部門を分離独立してできたファナックだが、時価総額はすでに富士通の3倍以上である。

 この成長を率いたのが、稲葉清右衛門・名誉会長だ。86歳と高齢ながら、今もカリスマとして君臨する。マスコミ取材はほとんど受けず、そのメッセージが伝わる機会は少ない。「東洋では皇帝の色」といわれる黄色を好み、富士山麓には黄色い工場群が立ち並ぶ。

 今年4月、ファナックは通期決算のアナリスト説明会も中止した。「震災後のこんな時期なので、なるべく簡素にしたい」(同社)というのが中止の理由だが、「今後も説明会を継続するかどうかは未定」と、好業績を背景に強気姿勢だ。

 こうした株主対応に対して東証は「(東証の適時開示情報伝達システムである)TDnetで適時開示をしている限り、規定上の問題はない」と言う。だが、はたして上場企業としてふさわしい対応なのかどうか。今後、社内外からの不満が高まる可能性もある。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 松本裕樹)

週刊ダイヤモンド

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧