ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
お金をふやす8つの習慣
【第11回】 2017年5月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
生形大

サラリーマンでも、女性でもできる
ストック収入はこれだ!
【ストックビジネス対談】生形大×上原ちづる(3/3)

1
nextpage

『9割の日本人が知らないお金をふやす8つの習慣』著者の生形大さんと、“スッチー大家”こと、上原ちづるさんの対談。最終回の今回は、サラリーマンでもできるストックビジネスについてお2人が意見を交わしました。

まずはストック収入をつくる。
それから起業に挑戦を

上原 最近では自分でビジネスに挑戦したいという女性が増えています。起業塾などは女性でいっぱいです。

生形 いいことですね。でも私がおすすめしているのは、まずストック収入をつくってある程度の生活基盤を構築してから、自分のやりたいビジネスを始めることです。最初からネイルサロンに挑戦して失敗したら、貯蓄がなくなり、サラリーマン生活に戻ることになります。

上原 おすすめのストック収入につながるビジネスは?

生形 ベースは不動産投資です。私がサラリーマンをリタイアできるきっかけとなったのも、アパート・マンション経営でした。不動産投資のメリットは、自己資金が少なくても銀行から多額の融資を受けられること。つまり、レバレッジを利かせやすい。サラリーマンが取り組むのに打って付けです。

上原 でも最近では融資を受けて不動産投資を始める人が多く、それで物件価格は値上がりしています。空室率の上昇も問題になっていますよね。

生形 その通りです。だからこそ、今、この時期に買うなら物件選びは本当に慎重にやらなきゃダメ。ただ2017年度に入ってからは金融機関の融資姿勢が厳しくなっているから、その影響で物件価格は下がるかもしれません。また、世帯数が減少を始める2020年のオリンピック前後くらいには、相場がドーンと落ちると思うので、その時は大きなチャンスです。

上原 歴史は繰り返しますから、下がる時は下がるし、上がる時は上がる。その波に上手に乗らないといけないですね。

生形 リーマンショックの頃、不動産投資に興味を持つ人は少なかった。でも価格が上がっている今は、不動産投資をやりたいという人が増えている。本当は逆じゃないといけないんです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
最新の科学でわかった! 最強の24時間

最新の科学でわかった! 最強の24時間

長沼敬憲 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
生物学、脳科学、医学で次々と解明されてきている、人間の心身を支配する生体リズムの仕組み。健康管理から勉強、ビジネスに至るまで、人間のあらゆる行動に存在している、それをするのに最適な時間を理解すれば、何事にも効率的かつ確実に目的を達成することが可能になる。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/14~5/20)



生形大

1977年8月生まれ 富山県富山市出身。横浜国立大学工学部建築学科卒 横浜国立大学大学院修了。外資系証券(バークレイズ証券・JPモルガン証券)出身の投資家。現在、国内12棟189戸、海外3戸、都内の戸建て・区分マンション4戸の不動産を所有。不動産以外にも株・FX・先物・オプション取引・オフショアファンドなどあらゆる金融商品に精通。現在は資産運用の専門家として独立し、成功者続出の投資家を養成するスクールの運営、不動産投資セミナーの人気講師として、経済的、時間的な自由を志すサラリーマンに指導を行っている。主な出演メディアにサタデープラス(TBS系列)。主な著書に『年収1億円を生み出す[ハイブリッド]不動産投資 』(ぱる出版)がある。

 


お金をふやす8つの習慣

学校でも、会社でも、金融機関も教えてくれなかった お金をふやすための考え方を身につけよう! 日系企業から外資系金融機関への転職をした著者が、学んだ日本人が知らないお金の常識とはどんなものなのか? 外資系証券会社に勤めているエリートたちの考え方と、日本人のお金の貯め方、使い方、リスクへの考え方は180度違っており、借金やリスクの考え方、自分だけでなく「お金にも働いてもらう」、そしてフロー収入とストック収入の違いなど、本連載では書籍『9割の日本人が知らないお金をふやす8つの習慣』から、参考になる部分を抜粋して紹介していく。

「お金をふやす8つの習慣 」

⇒バックナンバー一覧