ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新聞記事から学ぶ経営の理論
【第10回】 2011年6月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
渋井正浩 [エムエス研修企画 代表取締役]

なぜ1000円カットのQBハウスは、
トイレの脇にあるのか。
技術への期待値を意識的に下げた顧客満足度戦略

1
nextpage

小売店が嫌う「トイレ」の脇を狙うのは、
家賃が安いという理由だけか

 「1日だけ幸せになりたいなら、床屋に行け」というイギリスの諺があります。確かに床屋に行くとすっきりして、ちょっとした気分転換になります。そんな床屋ですが、近年よく目にするのが「10分、1000円、カットのみ」のチェーン店「QBハウス」です。QBハウスは、人の集まるところにたくさんの店を出していますが、特に力を入れて出店している場所があります。それは、駅や地下街、ショッピングセンターの“トイレの脇”です。

 普通、駅や地下街、ショッピングセンターで好まれる出店場所は、人通りの多い入り口付近や、乗り降りで人が集まるエスカレーターの近くです。トイレは通常奥まった場所にあって目立ちませんし、その脇は清潔感を重視した床屋や飲食店が好んで出店する場所ではありません。ところがQBハウスでは、逆にそんな場所への出店は大歓迎。なぜだかお分かりになりますか? まず一つは家賃が比較的安いという理由があります。それにもう一つ大きな理由があります。さて何でしょうか。

 それはトイレに必ずある、あるものがポイントになっています。答えは“鏡”です。誰しもトイレで用を足したら手を洗いますが、そのときに鏡を見て、「ちょっと髪が伸びたかな。そういえば隣に10分で済む床屋があったな。10分だったら時間的に大丈夫だからついでに切っていこう」という人が結構出てくるというわけです。人の行動と心理を読んで、上手にビジネスに活かしていると言っていいでしょう。

 QBハウスは、これ以外にも従来の床屋の発想を覆したさまざまな工夫をこらし、理髪店チェーンとしてナンバーワンの地位を獲得し、しっかりと消費者に定着しています。今回は、そのQBハウスの戦略を“期待値と顧客満足度”の観点から解説します。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/12~3/18)



渋井正浩 [エムエス研修企画 代表取締役]

1988年東北大学経済学部卒業、協和銀行(現りそな銀行)入社。主に本社にて法人向け融資審査を担当。2005年りそな銀行を退職し、エムエス研修企画入社。現在は主に企業向けの人事研修コンサルティング、研修コンテンツ作成を中心に活動中。
ホームページ: http://www.womanf.co.jp/
ブログ: http://ameblo.jp/sibuyanohiro/
 


新聞記事から学ぶ経営の理論

経営理論は、具体的な例とともに覚えるのがもっとも効果的。本連載では、新聞や経済誌の記事を題材にし、コトラーやポーターなどの著名な経営理論を解説します。経営理論は難しいと思っていた人でも、目から鱗です。また何気なく読んでいた記事が意味するところも、より深くわかるようになります。

「新聞記事から学ぶ経営の理論」

⇒バックナンバー一覧