経営 X 人事

知名度の低い地方企業が採用に勝つためにすべき3つのこと

自社の「位置付け」を徹底的に考える

 第1回では、筆者が採用担当として着任した新潟県に本社を置く三幸製菓での状況をお話しました。着任当初、採用業務含めほぼ“ひとり人事部”、予算は雀の涙、学生エントリー数は、競合が数万単位だというところ、2ケタが違う300名程度、といった状態。いわば、カネなしヒトなし認知度なし、からのスタートです。

 当時の三幸製菓は「菓子メーカー」であるということ以外は何も学生に印象がない状況でした。企業規模はおろか、新潟に本社があること、どんなお菓子を販売しているかすらも知られていない、いわば“無色透明”の状態でした。

 こうした、知名度の低い企業にとって大事なことは「いかに自社を学生に無色透明の状態から強烈に印象づけるか」。このときに私が行なったのが「ポジショニング発想」です。

 どうにかして、無色透明の自社イメージに強烈な印象を刻みたい。そう考えた私は人事部でありながら、ブランディングを専門に考える部署であるマーケティング担当者に相談してみました。すると次のようなアドバイスが返ってきました。

 「杉浦さん、ブランディングに関連する概念で大事なことはポジショニングです。ポジショニングとはつまり『自社をどのように位置づけるか』。それによって、どのように顧客に認知してもらうか、ということが大事です。競合他社と違って、三幸製菓をどのように学生に認知してもらいたいか、そこをまず考えてみたらどうでしょう?」

 このアドバイスをもとに、私はさっそくマーケティング戦略における「ポジショニング」の本を数冊買い込んで読み込んでみました。

経営 X 人事 特集TOPに戻る

 

 


「負け組企業」の採用戦略

新潟県にある製菓メーカー、三幸製菓で採用を担当していた筆者は「地方企業」「知名度が低い企業」という「採用負け組企業」でありながら、独自の採用スタイルを見つけ出し、自社にとって本当に欲しい人材を採ることを可能にする採用戦略を確立した。それが、メディアでもたびたび取り上げられる「おせんべい採用」だ。「おせんべい採用」とは、簡単に言えば、三幸製菓の主力商品である「おせんべいへの愛」がいかに深いかを応募者にプレゼンしてもらい、それを基準に採用をする、という手法。採用における常識である「母集団形成」に重きをおいた採用手法とは全く違う視点が注目された。こうした筆者の実体験を通じて、企業規模の大小、知名度に関わらず「本当に自社に必要な人材を採用するための採用戦略」について考えていく。

「「負け組企業」の採用戦略」

⇒バックナンバー一覧