ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
がん保険を疑え!
【第2回】 2011年8月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
後田 亨 [(株)メディカル保険サービス役員]

なぜこんなに高いのか。
「がん保険」を終身保険と比べると…

1
nextpage

大好評の本連載。第1回目では、2人に1人が罹る事態に保険が成立する謎に迫りました。今回は価格の謎に迫ります。『がん保険を疑え!』の著者・後田亨氏が、具体的にがん保険と終身保険を徹底比較します。

がん保険を
三大疾病終身保険と比較してみる

 「きっと巨額の宣伝費を回収してあり余るくらい、高い価格設定になっているに違いない」

 「がん保険」の保険料について、私はずっと疑問を持ち続けています。ただ、保険料に含まれる「会社の取り分」などを開示している保険会社はないので、具体的に、儲け過ぎではないか?と問いただす方法はありません。

 銀行の窓口で販売されている「変額年金保険」では、お客様が負担する保険料に対してかかる販売手数料などのパーセンテージが開示されていることを思うと、不可解なことです。

 それでも、「がん保険」の価格設定についてその妥当性を疑う方法はあります。

 2人に1人の割合で保険金支払いが発生しそうな「がん保険」の保険料を、2人に2人の割合で保険金が支払われる保険、つまり、一生涯の死亡保障がある「終身保険」の保険料と比べてみるのです。

 具体的には、売れ筋の「がん保険」と、同じ会社で販売されている「三大疾病終身保険」を比べます。素朴に後者の方が倍近い保険料になっていてもおかしくない気がするからです。ところが実に意外な結果になりました。

 比較のために取り上げる「がん保険」の保障内容は次の3点です。

①診断時に一時金として200万円 
②入院時に日額2万円
③通院1日につき2万円

 「がん保険」の保障は一生涯続きます。保険料は一生涯に渡って払い込む「終身払い」ですが、「三大疾病終身保険」と60歳までの保険料の額面が近くなり、対照がわかりやすいことから、40歳の女性が、60歳以降保険料の支払いが半額になる「がん保険」に加入することにして試算します。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


後田 亨 [(株)メディカル保険サービス役員]

1959年生まれ。1995年に日本生命に転職。2005年より(株)メディカル保険サービス役員。2007年発売の「生命保険の『罠』」(講談社+α新書)がベストセラーとなり、以後、主に執筆・セミナー講師・個人向け有料相談を手掛ける。他の著書に、「“おすすめ”生命保険には入るな!」(ダイヤモンド社)、「生命保険のウラ側」(朝日新書)。日経電子版「保険会社が言わないホントの保険の話」他、連載・メディア掲載多数。
公式サイトhttp://www.seihosoudan.com/


がん保険を疑え!

いまや2人に1人ががんに罹る時代。それを売り文句にがん保険が大々的に売り出されている。しかし、そもそも2人に1人ががんに罹るなら保険は成立するのか?「がん保険を疑え!」を刊行した「生保のご意見番」後田亨氏が、がん保険のなぜに迫ります。
 

「がん保険を疑え!」

⇒バックナンバー一覧