ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
中村澄子のTOEICテストパート7攻略
【第1回】 2017年7月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
中村澄子

TOEIC高得点のカギを握る!
パート7(長文読解)の勉強法

15年間、TOEICテストを毎回受験しているTOEICのカリスマ講師で、『TOEIC L&R テスト パート7攻略 ――中村澄子のリーディング新・解答のテクニック』を出版した中村澄子先生に聞く、TOEIC攻略のコツ。連載1回目は、パート7(長文読解問題)についてです。

苦手な人が多い
TOEICの長文読解問題

 私が、TOEICテストを毎回受け続けて15年になります。

 東京の八重洲で、TOEICの教室を始めて12年、それ以前にも単発のセミナーを行ったり、企業研修を行っていたので、合わせると20年近く、TOEICを教え、ビジネスパーソンを中心に、多くの人の点数アップに貢献してきました。

 おかげ様で、今までに出したTOEIC関連の本も、累計で110万部になります。

 この連載では、TOEIC(L&R リスニング&リーディング)テストのノウハウをお伝えしたいと思います。
 今日は、特にパート7(長文読解問題)について、解説しましょう。

 2016年5月に、TOEIC(L&R)はテスト内容の10年ぶりの改変があり、仕事で英語を使う人にとっては、非常に良いテストになりました。
 一方で、英語初学者にとっては、より厳しいテストに変わり、何から手をつけていいのかわからず、うろたえている人も多いようです。

 TOEICは、リスニングセクション(パート1~4)とリーディングセクション(パート5~7)で構成されています。
 昨年の改変により、すべてのパートが難化しましたが、特に、パート7の長文読解問題は、難しいと感じる人が多いようです。

問題数が増え、文は長くなり
設問の難易度も上がった

 パート7は、改変前とくらべて問題数が増え、リーディングセクション100問中54問を占めるようになりました。

 それだけでなく、問題文の長さも長くなり、解答に時間のかかる一文挿入問題(文を挿入するのに適切な位置を選ぶ問題)や、トリプルパッセージ問題(3つの文書を読ん答える問題)も加わりました。

 また、問題文に書かれていることから「推測」をしなければ解けない問題や、問題文の2ヵ所以上をチェックしなければ解けない問題も多く、とにかく解答に時間がかかります。

 内容をきちんと理解しなければ解けないものが大半で、いわゆる飛ばし読みは通用しません。

 そこで、英文を読むことから逃げていた人も、覚悟を決めて、パート7に取り組まなければならなくなりました。

 ■改変後のパート7(長文読解問題)の特徴■
 ・問題数が増えた
 ・問題文が長くなった
 ・「一文挿入問題」が出題されるようになった
 ・「3つの文書を読んで答える問題」が出題されるようになった
 ・答えが直接書かれておらず、「推測」しなければ解けない問題も多い
 ・2ヵ所、3ヵ所をチェックしないと解けない問題もある

新形式に完全対応した
問題集や対策本で練習する

 パート7の問題を、テスト時間内に解き終えられるようにするには、大量の英文を短時間で読んで、その趣旨を理解できる力が必要です。そのためには、

 (1)まず、文法を理解し、最初は戻り読みでもいいので、少し長めの一文を読めるようにする。

 (2)次のステップとして、戻り読みを卒業するために、スラッシュリーディング(英文の切りのいいところに線を入れながら、英文を前から読んでいく方法)をしながら、なるべく速いスピードで、英文を前から読めるようにする。

 こうした地道な努力は、どうしても避けられません。

 その上で、パート7によく出る文書(メールや手紙、広告、記事、ウェブページなど)や、よく出る設問パターンを、時間を測って、大量に読んで解く練習をします。

 そのときに、ピントのずれた問題集を使っては、遠回りになります。

 テスト実施団体である「国際ビジネスコミュニケーションズ」発行の公式問題集を中心に、実際にTOEICを受験していて、TOEICを知り尽くしている講師による本を選ぶことも重要です。

 今回、私が『TOEIC L&R テスト パート7攻略 ―中村澄子のリーディング新・解答のテクニック』を出版したのは、改変後のパート7の対策がしっかりできる本が、まだ、あまり出版されておらず、私の教室生やメルマガの読者から、リクエストの声が多数あったからです。

TOEICは勉強しがいのあるテスト

 よく教室生から、「速くよめるようになるための近道はないのでしょうか?」という質問を受けます。

 残念ながら、前述のステップを踏まなければ、パート7の英文を、制限時間内に読んで解けるようにはなりません。

 ただ、ここで頑張れば、TOEICの点が上がるだけでなく、ビジネスで実際に英語を使うときの土台になります。

 パート7で毎回のように出題されるメールや手紙は、ビジネスで使われる形式や内容に近いので、読み込む練習をすることで、仕事でメールや手紙を書く際に英文が出てきやすくなるのです。

 私は15年、毎回TOEICを受け続けてきましたが、テスト内容は年々進化を続け、「仕事の現場でそのまま使える英語」にどんどん近づいてきました。

 ですから、「昇進や昇給に必要だから…」といった事情があってもなくても、グローバル社会を生きるビジネスパーソンにとって、TOEICは、勉強してソンのないテストと言えます。

 なにかと忙しい中で、TOEICにも取り組むのは、たいへんだと思います。だからこそ、効率よく学べるよう、私も、本やこの連載などを通じて、攻略のコツをお伝えできればと思います。

スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    お金のウソ

    お金のウソ

    中野晴啓 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    誰も教えてくれなかった「お金の真実」!親の言うことを聞いているとお金が減る。 20代、30代がこれから生き抜くための本当に必要で最低限の知識。 成長なき「成熟経済」の時代に、お金を着実にふやして、守り、安心を手に入れるには、 預金、保険、銀行、投資…お金をふやすには、どうつきあうのが正解?

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    中村澄子

    なかむら・すみこ/同志社大学卒業。イェール大学でMBA(経営学修士)を取得。帰国後、米国の金融コンサルティング会社の日本法人立ち上げに参画。その後、オフィスS&Yを設立。大企業で英語研修講師を務める傍ら、東京・八重洲でキャンセル待ちが列をなすTOEIC専門スクールを運営。購読者3万人を超える人気メルマガ「時間のないあなたに! 即効TOEIC250点UP」の発行者でもある。累計80万部の『1日1分レッスン! 新TOEIC TEST千本ノック!』シリーズ(祥伝社)の他、『TOEICテスト英単語 出るのはこれ!』(講談社)など著書多数。


    中村澄子のTOEICテストパート7攻略

    TOEIC講師歴20年。15年間毎回受験のTOEICのカリスマが教える

    パート7(長文読解問題)の攻略法。

    「中村澄子のTOEICテストパート7攻略」

    ⇒バックナンバー一覧