『週刊ダイヤモンド』11月11日号の第1特集は、「味から儲けの仕組みまで 外食チェーン全格付け」です。顧客満足率、経営力、従業員満足度で各チェーンを格付けし、その裏側のビジネスモデル、経営戦略まで解説する経済誌ならではの“グルメガイド”を作りました。

 大人気の立ち食いステーキチェーンの生みの親である一瀬邦夫・ペッパーフードサービス社長は、その1号店をオープンする約1ヵ月前の2013年秋、ある人物と食事を共にした。その席で、新たに挑戦する業態の構想を、メニューを披露しながら熱弁してみせた。

 構想を一通り聞くと、その人物は共感して言葉を返した。

「うちは自分でステーキをやるつもりはないから、あなたが『俺のステーキ』の名前でやってみてはどう?」

 言葉の主は、立ち食いで高級フレンチやイタリアンと同じメニューを、格安で提供する「俺のフレンチ」、「俺のイタリアン」を大ヒットさせた坂本孝・俺の社長。そもそも一瀬社長は“俺のシリーズ”の人気に背中を押され、新業態の立ち上げに踏み切っていた。もともと顔見知りの2人。この日、一瀬社長は再び強く背中を押されたのである。

 決して冗談ではなかったであろう俺のシリーズ入りの申し出に感謝しつつ、一瀬社長は新業態を「いきなり!ステーキ」と命名した。前菜なしでいきなりステーキを食べるという業態スタイルをそのまま伝えるものだ。

 1号店は大当たりした。「立ち食いで高級ステーキを食べる」という斬新さ、「立ち食いだから早い。早いから安い」という単純明快なモデルが消費者を引き付けてやまなかった。

 本誌の外食利用者アンケートによると、利用増加率ランキングでは全業態中1位。レストラン業態(41ブランド)のうち顧客総合満足率と料理満足率で共に6位、コスパ満足率は10位だ。

 顧客満足率において、俺のシリーズはさらにその上を行く。