東京理科大学学長の藤嶋昭氏が、2017年度「文化勲章」を受章した。
藤嶋氏が開発した「光触媒」は、今年で発見50周年を迎える。
東海道・山陽新幹線「のぞみ号」の光触媒式空気清浄機、成田国際空港の光触媒テント、パナホームの一戸建て、日光東照宮の「漆プロジェクト」から、ルーブル美術館、クフ王の大ピラミッド、国際宇宙ステーションまで、光触媒の用途はとどまることを知らない。日本だけでなく世界へ宇宙へと広がっているのだ。
2020年東京五輪で「環境立国」をうたう日本にとって、光触媒は日本発の世界をリードするクリーン技術の生命線。酸化チタンに光が当たるだけで、抗菌・抗ウイルス、防汚、防曇、脱臭、大気浄化、水浄化など「6大機能」が生まれるので世界中で重宝されている。これからの時代、文系、理系を問わず、光触媒の知識が少しあるだけで、あなたは羨望の眼差しを受けるかもしれない。文化勲章受章まもなく発売され、注目を集めている『第一人者が明かす光触媒のすべて――基本から最新事例まで完全図解』の著者を編集担当が直撃した(構成:寺田庸二)。

「シラス」とは何か?

藤嶋 昭(Akira Fujishima) 東京理科大学学長 1942年生まれ。2005年、東京大学特別栄誉教授。2010年、東京理科大学学長(現任)。【おもな受賞歴】文化勲章(2017年)、トムソン・ロイター引用栄誉賞(2012年)、The Luigi Galvani Medal(2011年)、文化功労者(2010年)、神奈川文化賞(2006年)、恩賜発明賞(2006年)、日本国際賞(2004年)、日本学士院賞(2004年)産学官連携功労者表彰・内閣総理大臣賞(2004年)、紫綬褒章(2003年)、第1回The Gerischer Award(2003年)、日本化学賞(2000年)、井上春成賞(1998年)、朝日賞(1983年)など。オリジナル論文(英文のみ)896編、著書(分担執筆、英文含む)約50編、総説・解説494編、特許310編。

 建物の外壁への光触媒コーティングは、最も応用開発の進んだ分野ですが、新しい展開として、「シラス」と呼ばれる天然素材と組み合わせた防汚コーティング剤が開発されています。

「シラス」とは、鹿児島のカルデラの噴火によって噴出された純天然セラミックで、非常に細かい微粒子の中に無数の穴がある多孔質な構造を持っています。

 このシラスを用いた外壁材が作られています。
 多孔質構造で壁面に通気性、調湿性を与え、結露や湿気を防ぎます。
 すぐれた断熱性能から冷暖房効率をアップさせるエコ建材でもあります。

 このシラスと光触媒コーティングを組み合わせた建材が株式会社高千穂によって作られ始めています。

 防汚効果、特に防藻効果が著しく、環境配慮型素材へのニーズの高い公共建築物などにも普及していく可能性を秘めています。

 身のまわりの生活空間への適用としては、カーテンやブラインド、衣服、傘、オモチャ、本、砂場、エアコン室外機など、アイデアは尽きません。

 将来的に大きな市場になると考えられるものに、クルマへのボディコーティングがあります。

 もちろん、このテーマは20年近く前から試みられてきたテーマですが、技術が進歩してきたいまこそ再挑戦したい分野です。

 これらの開発を成功させるには、使用環境を精査して利用する光触媒材料を吟味し、製品に合わせてオーダーメイドで最適化を図っていく必要があります。

 光触媒を発見して今年で50周年。いまや東海道・山陽新幹線の光触媒式空気清浄機、成田国際空港の光触媒テント、パナホームの一戸建てからクフ王の大ピラミッド、ルーブル美術館、国際宇宙ステーションまで、その活躍の場は多岐に及んでいます。
 本書には、その基本から最新事例まで140点以上の図表と写真が掲載されています。ぜひご一読いただければと思います。