東京理科大学学長の藤嶋昭氏が、2017年度「文化勲章」を受章した。
藤嶋氏が開発した「光触媒」は、今年で発見50周年を迎える。
東海道・山陽新幹線「のぞみ号」の光触媒式空気清浄機、成田国際空港の光触媒テント、パナホームの一戸建て、日光東照宮の「漆プロジェクト」から、ルーブル美術館、クフ王の大ピラミッド、国際宇宙ステーションまで、光触媒の用途はとどまることを知らない。日本だけでなく世界へ宇宙へと広がっているのだ。
2020年東京五輪で「環境立国」をうたう日本にとって、光触媒は日本発の世界をリードするクリーン技術の生命線。酸化チタンに光が当たるだけで、抗菌・抗ウイルス、防汚、防曇、脱臭、大気浄化、水浄化など「6大機能」が生まれるので世界中で重宝されている。これからの時代、文系、理系を問わず、光触媒の知識が少しあるだけで、あなたは羨望の眼差しを受けるかもしれない。文化勲章受章まもなく発売され、注目を集めている『第一人者が明かす光触媒のすべて――基本から最新事例まで完全図解』の著者を編集担当が直撃した(構成:寺田庸二)。

なぜ、パナホームの一戸建ては
絶好調なのか?

藤嶋 昭(Akira Fujishima)東京理科大学学長 1942年生まれ。2005年、東京大学特別栄誉教授。2010年、東京理科大学学長(現任)。【おもな受賞歴】文化勲章(2017年)、トムソン・ロイター引用栄誉賞(2012年)、The Luigi Galvani Medal(2011年)、文化功労者(2010年)、神奈川文化賞(2006年)、恩賜発明賞(2006年)、日本国際賞(2004年)、日本学士院賞(2004年)産学官連携功労者表彰・内閣総理大臣賞(2004年)、紫綬褒章(2003年)、第1回The Gerischer Award(2003年)、日本化学賞(2000年)、井上春成賞(1998年)、朝日賞(1983年)など。オリジナル論文(英文のみ)896編、著書(分担執筆、英文含む)約50編、総説・解説494編、特許310編。

 現在では、大和ハウス工業、旭化成ホームズ、一条工務店など、ほとんどのハウスメーカーが光触媒技術を採用しています。

 松下幸之助氏が1963年に「家族の幸せを育み、人格の成長をはかる場となるような、よい家を作りたい」との強い使命感に基づいて創業されたパナホームもそのひとつです。
 いつまでも快適に暮らせる住まいを作るための構造と技術の価値として、パナホームは4つのキーワード「柔」「強」「健」「美」を掲げています。

 これは、私たちが暮らすすべての住まいに当てはまる価値です。
 美しさを維持し愛着を育み続ける価値として、その住宅の「美」を創造するために採用された技術が、外壁用光触媒タイルです。

 具体的には、オリジナルの高性能光触媒タイルをTOTOとともに開発し、発売から13年を経て、累計7万棟の新築住宅に採用されるまでになりました。
 パナホーム・コート国分寺では、すべての建物外壁に光触媒タイルを用いたエコ&クリーンホームタウンを実現し、話題となりました。