ちなみに今回、エピソードを集める中で、「モンスターというわけではないけれど……」と前置きしたちょっとしたエピソードが複数集まったので紹介したい。

「よく行く近所のラーメン店。新メニューの開発にも意欲的で、基本的においしいのですが、残念なのは、その日にいる店員さんによって、若干スープの味が変わること。まずいわけではないですが、『今日は違う』って日はやっぱり残念です」(20代男性)

「私語厳禁の店はたまにありますが、僕がよく行く店は店主さんがフレンドリーすぎます。食べている間も話しかけられることが多く、自分は食べながらしゃべるのが苦手なのでちょっと困ります。おいしいから行くけど……(笑)」(20代男性)

「餃子を注文したとき、目の前で冷凍餃子の袋を空けられたのは萎えました。ラーメンはおいしい店なのに、知りたくなかった……」(30代男性)

「ラーメン店ではなく友人のエピソードですが、ラーメン店で働いていたことのある友人は、一緒にラーメンを食べに行くと『ラーメン屋で話しかけるな。伸びる、冷める、ラーメンに失礼』と言います。ちょっとぐらい、いいじゃん……と思うのですが、ラーメン好きは厳しいですね」(30代女性)

 とはいえ、ラーメンマニアの多い日本。優良店が多いのは言うまでもない。最後はこんなエピソードで締めよう。

「よく行くラーメン店は、近くに大学があるので学生の団体客が多く、初めて行くまでは1人客でも迷惑にならないかな?と気兼ねしていました。行ってみたら味はもちろんおいしいし、安いし、店主さんも気さく。3回目以降は帰りに『いつもありがとね』と言ってもらえて、その一言が結構うれしいです。おじさん、こちらこそいつもありがとう」(30代女性)