ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「News&Analysis」の全記事一覧
  • 重要案件は電話?メール?時代で変わる「会社ルール」 

    [2017年01月20日]
    デジタル技術の進歩や価値観の変化により、ビジネスパーソンの仕事環境は大きく変わった。それに伴い、会社におけるルールや慣例も、昔とは様変わりした。「昔と変わった会社のルール」を取り上げてみたい。

  • 元日経エース記者の著書『バブル』に高杉良氏が抱いた違和感 

    [2017年01月17日]
    元日本経済新聞社の証券部エース記者で編集委員も務めた永野健二氏が著したノンフィクション『バブル・日本迷走の原点』(新潮社)が話題を呼んでいる。しかし、経済小説、ビジネスマン小説の巨匠として知られ、バブル時代をテーマにした小説も数多く手がける作家の高杉良氏は、この『バブル』が描く論調に違和感を禁じ得ないという。

  • 結婚式で泥酔からの…冠婚葬祭まさかの残念エピソード集 

    [2017年01月13日]
    ハプニングによって残念な結末を迎えてしまった冠婚葬祭のエピソードを20~50代の男女から集めた。今後結婚式や葬式を行う予定がある方々はこんなことにならないよう、ぜひ参考にしてほしい。

  • 「モンスター弁護士」横柄・逆ギレに困惑の事例集 

    [2017年01月06日]
    一口に弁護士といっても、その能力やスキルはさまざまだ。20~50代男女が「ひどい」「依頼したくない」と困惑する、依頼人として絶対にかかわりたくないモンスター弁護士の事例を集めた。

  • クルマの未来が変わる!米新鋭企業たちの「スゴイ技術」 

    [2017年01月04日]
    昨年11月下旬にロサンゼルスで開催された自動車ショー(2016ロサンゼルスオートショー)。その会場で注目を浴びたのが米スタートアップ企業が手掛けた最新技術だ。クルマの未来を変えるかもしれないその「スゴイ中身」を品定めしてきた。

  • 海外で急病!現地の病院選びで後悔しない基礎知識 

    [2016年12月26日]
    年末年始は海外で過ごされる方も多いであろう。海外旅行先で、突然にケガをしたり、病気になったら、どんな医療機関を受診すべきか。病院選びの基礎知識を、代表的な国・地域ごとに紹介する。

  • 北方領土ってこんなに美しい!写真で見る手つかずの自然と歴史 

    [2016年12月21日]
    日ロ首脳会談の開催で返還への期待が盛り上がったが、具体的な進展を見なかった北方領土。そもそも北方領土とはどんな場所なのか、具体的に知っている日本人は多くないのではないだろうか?かつて居住していた人たちの団体である「公益社団法人 千島歯舞諸島居住者連盟」に話を聞いた。

  • 宴席続きでも太らない人が意識している10項目 

    [2016年12月19日]
    年末年始は会食や宴会が多くなる。加えて、正月休み中は、どうしても運動不足で太り気味になりがちだ。一方、どんなに会食や宴会が続いても体型や体重をキープしている人がいる。太らない人が守っている注意点とは。

  • インフルエンザのワクチン接種、今年は年内に行うべき理由 

    [2016年12月16日]
    この冬のインフルエンザは立ち上がりが早く、例年より1ヵ月ほど早い11月中旬に「流行期」に入った。地域の保健所、医療機関は病院が休む年末年始に患者が増加するのではと警戒している。

  • 炎上続出、大学生のツイッターモラル崩壊は本当か 

    [2016年12月16日]
    大学生の事件が相次ぐ中、ツイッターでも大学生の物議をかもす"つぶやき"が見られている。近年、大学生のツイッターモラルはどうなっているのか。実際の大学生に話を聞きつつ、その実情に追った。

  • 飲み会で「無礼講」を許すのはなぜ「ダメ上司」が多いのか 

    [2016年12月14日]
    これからの時期、飲み会が増えてくる方も多いだろう。社内での飲み会も増えて、部下と席を供にする事も増えてくるのではないだろうか。そこで、「飲み会」において、上司が注意すべき事について、解説する。

  • SMAP解散騒動の裏でうごめく芸能事務所のメディア支配 

    [2016年12月12日]
    1月のSMAP解散騒動に始まり、夏目三久と有吉弘行の結婚・妊娠報道やレコード大賞の買収疑惑など、今年は芸能スキャンダルの当たり年だった。だが、それらを報じるマスコミの姿勢に対し、ネット上で様々な批判の声が相次いだという点でいつもの芸能報道とは異なる。今、芸能界で何が起きているのだろうか?

  • 「お金がないから結婚できない」その言い訳が正しくない理由 

    [2016年12月09日]
    若者が結婚を考えない/できない大きな理由の一つが「経済的な不安」だ。巷では「結婚はコスパが悪い」といった声も聞かれる。しかし一方で、経済的な不安がある人こそ、結婚をすべきと指摘する識者がいる。

  • PTA活動、外注したいと本気で考えるほどツラい!? 

    [2016年12月02日]
    「お金を払ってでもPTAの仕事を辞退したい」という内容のツイートが共感を集めるほど、PTA活動は一部の保護者にとってツラい負担となっている。私たちが心得ておくべきこととは?

  • 暴言・逆ギレ「モンスター医師」恐怖の診療事例集 

    [2016年11月25日]
    医者嫌いな人でなくても、なんとなく嫌な思いをしたことのある人も多いのでは。20~50代男女が「ひどい」「心ない」「関わりたくない」と困惑する、患者として絶対に対峙したくないモンスター医師の事例を集めた。

  • 2016年のネット炎上トレンド、キーワードは「女性蔑視」 

    [2016年11月24日]
    自身のブログに人工透析患者に対する過激な発言を掲載し、たちまちネットを炎上させた元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏。最近ではこうした著名人はもとより、大企業から一般人まで、のべつまくなしにネット炎上は起きている。デジタルリスクを専門に取り扱う株式会社エルテスの代表・菅原貴弘氏に、昨今の“ネット炎上事情”について教えてもらった。

  • シゴキが昭和!?若手社員が食らった理不尽上司のパワハラ集 

    [2016年11月22日]
    電通の新入社員だった高橋まつりさん(当時24歳)の過労死事件をきっかけに、電通のブラックな企業体質に多くの批判が寄せられた。だが、社員に非生産的な「根性論」を叩き込み長時間労働を強いる企業はなにも電通だけではない。そんな価値観の上司に振り回される若手社員の声を紹介する。

  • 会社員が「ちょい悪」で自己ブランディングするのはアリか 

    [2016年11月18日]
    「いい人」こそ、何かあれば叩かれやすい。「ちょい悪」なイメージをつけたほうがいいのではないか。そこで、ブランディングや印象に詳しい識者に取材。「ちょい悪ブランディング」がアリかナシか、その有効性を聞いた。

  • トランプを「ノーマライズ」してはならない 【特別寄稿】米国在住ジャーナリスト・瀧口範子

    [2016年11月16日]
    われわれはトランプ政権をチェックし続けなければいけない。人種偏見や悪意、女性蔑視の発言をそう簡単に忘れてはならない。それまでノーマルでなかったものを、「ノーマライズ」して安心感を得ようとしてはいけないのだ。

  • 日本で売春を強要されたコロンビア人女性が証言する人身売買の闇 

    [2016年11月11日]
    日本にも人身取引の被害者がいる。コロンビアでベストセラーとなった『サバイバー』は、1999年に来日し、売春を強要されていたコロンビア人女性の手記だ。本書について、日本語版にかかわったジャーナリストの安田浩一さんに話を聞いた。

1
nextpage

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事