ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「News&Analysis」の全記事一覧
  • PTA活動、外注したいと本気で考えるほどツラい!? 

    [2016年12月02日]
    「お金を払ってでもPTAの仕事を辞退したい」という内容のツイートが共感を集めるほど、PTA活動は一部の保護者にとってツラい負担となっている。私たちが心得ておくべきこととは?

  • 暴言・逆ギレ「モンスター医師」恐怖の診療事例集 

    [2016年11月25日]
    医者嫌いな人でなくても、なんとなく嫌な思いをしたことのある人も多いのでは。20~50代男女が「ひどい」「心ない」「関わりたくない」と困惑する、患者として絶対に対峙したくないモンスター医師の事例を集めた。

  • 2016年のネット炎上トレンド、キーワードは「女性蔑視」 

    [2016年11月24日]
    自身のブログに人工透析患者に対する過激な発言を掲載し、たちまちネットを炎上させた元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏。最近ではこうした著名人はもとより、大企業から一般人まで、のべつまくなしにネット炎上は起きている。デジタルリスクを専門に取り扱う株式会社エルテスの代表・菅原貴弘氏に、昨今の“ネット炎上事情”について教えてもらった。

  • シゴキが昭和!?若手社員が食らった理不尽上司のパワハラ集 

    [2016年11月22日]
    電通の新入社員だった高橋まつりさん(当時24歳)の過労死事件をきっかけに、電通のブラックな企業体質に多くの批判が寄せられた。だが、社員に非生産的な「根性論」を叩き込み長時間労働を強いる企業はなにも電通だけではない。そんな価値観の上司に振り回される若手社員の声を紹介する。

  • 会社員が「ちょい悪」で自己ブランディングするのはアリか 

    [2016年11月18日]
    「いい人」こそ、何かあれば叩かれやすい。「ちょい悪」なイメージをつけたほうがいいのではないか。そこで、ブランディングや印象に詳しい識者に取材。「ちょい悪ブランディング」がアリかナシか、その有効性を聞いた。

  • トランプを「ノーマライズ」してはならない 【特別寄稿】米国在住ジャーナリスト・瀧口範子

    [2016年11月16日]
    われわれはトランプ政権をチェックし続けなければいけない。人種偏見や悪意、女性蔑視の発言をそう簡単に忘れてはならない。それまでノーマルでなかったものを、「ノーマライズ」して安心感を得ようとしてはいけないのだ。

  • 日本で売春を強要されたコロンビア人女性が証言する人身売買の闇 

    [2016年11月11日]
    日本にも人身取引の被害者がいる。コロンビアでベストセラーとなった『サバイバー』は、1999年に来日し、売春を強要されていたコロンビア人女性の手記だ。本書について、日本語版にかかわったジャーナリストの安田浩一さんに話を聞いた。

  • 元ヤクザの「お礼参り」も!モンスター患者と対峙した元刑事の述懐(下) 

    [2016年11月07日]
    病院内で発生する事件やトラブルのなかでも、代表的な問題がモンスターペイシェントやクレーマーの問題だろう。最近、多くの大学病院などでは、警察OBによるセキュリティ部門「院内交番」を設置するケースが増えている。

  • 元ヤクザの「お礼参り」も!モンスター患者と対峙した元刑事の述懐(上) 

    [2016年11月07日]
    病院内で発生する事件やトラブルのなかでも、代表的な問題がモンスターペイシェントやクレーマーの問題だろう。最近、多くの大学病院などでは、警察OBによるセキュリティ部門「院内交番」を設置するケースが増えている。

  • 「モンスター営業マン」暴走!キレる居座るは当たり前の事例集 

    [2016年11月04日]
    ビジネスの基本は営業だが、時として「モンスター営業マン」が出現することがある。20~50代男女が困惑する、とんでもないとしか言いようがない、モンスター営業マンの事例を集めた。

  • 「ブラック求人」の阿鼻叫喚、ハロワの求人票にウソ横行 

    [2016年10月28日]
    「ブラック求人」に関する相談が相次いでいる。10月6日には連合が「『ブラック求人』問題を考える座談会」を開いている。ツイッターのハッシュタグ「#ブラック求人あるある」にも、過酷な実態が寄せられている。

  • JR九州上場、成長戦略は「鉄道以外」で勝負! 

    [2016年10月25日]
    25日、今年の大型IPO(新規株式公開)案件として注目されるJR九州が上場する。国鉄の分割民営化で発足してから約30年。JR北海道、JR四国とともにドル箱路線がなく、「上場は難しい」と言われたが、不動産など「鉄道以外」の事業で活路を見出した形だ。

  • なぜ芸人はSNSでの炎上を恐れないのか 

    [2016年10月21日]
    「炎上芸人」で検索すると名前がヒットする芸人は何人かいる。ツイッターではたびたび、こういった芸人の発言が炎上するが、なぜ芸人は他の芸能人たちのように炎上を恐れないのだろうか?

  • 年末年始の解散総選挙ほぼ確定!?安倍政権は「改憲シフト」 

    [2016年10月20日]
    永田町で解散風が吹き始めている。その時期は、ズバリ「年末・年始総選挙」だ。解散は首相が持つ「伝家の宝刀」。安倍晋三首相は悲願である憲法改正を実現するため、「安倍1強」をさらに盤石なものとするのに、このタイミングでの解散がもっとも勝算が高いと踏んでいるという。安倍首相の野望のシナリオをジャーナリストの鈴木哲夫氏が解説する。

  • 不倫の修羅場エピソード、有名人だけじゃない大きな代償 

    [2016年10月14日]
    2016年は「不倫の当たり年」なのか、毎月のように著名人の不倫や、その謝罪会見が報じられている。一時の感情に酔い、過ちを犯す可能性は多くの人にあるもの。しかしその代償はとても大きい。

  • 病院内犯罪はなぜ起こる?元殺人担当刑事の“院内ポリス”に聞く 

    [2016年10月13日]
    病院は、犯罪者から見れば「無防備な場所」であり、最近は元刑事などの警察OBをセキュリティ担当として配置する病院も増えてきた。その草分けとなった東京慈恵会大学に勤務した元警視庁刑事の横内昭光氏に聞いた。

  • 「モンスター親戚」過干渉から金銭トラブルまで恐怖の実録! 

    [2016年10月07日]
    縁を切りづらいからこそ厄介なのがモンスター親戚だ。20~50代男女が「おかしい」「異常」「関わりたくない」と困惑する、なんとも不快な気分にさせられるモンスター親戚の事例を集めた。

  • トランプは本当に劣勢か?大統領選討論を見た米国民の本音 

    [2016年10月06日]
    米国の大統領選本選初回のテレビディベートで、共和党のトランプ候補の劣勢が報じられた。だが、実際はどうだろうか。ディベートの中継をLA市内の劇場で見守る米国市民に話を聞くと、米国の「今」を映し出す意外な本音が見えてきた。

  • 経理部はあなたのココを見ている
     

    [2016年10月04日]
    2011年に刊行され、ベストセラーになった『人事部は見ている。』。その著者であり、組織と個人の関わりをテーマに執筆を続けてきた作家の楠木新さんが、次に注目したのは経理部である。9月9日に発売された『経理部は見ている。』(日経プレミアシリーズ)は、サラリーマンにとって、怖い一冊。経費の支出や管理の仕方を通して、その人の人柄やふるまい方を見る経理部の目の付け所に迫っている。

  • 第二新卒を採った人事担当者が語る「がっかりエピソード」 

    [2016年09月30日]
    新卒から3年以内に転職する「第二新卒」。やはり短期間で転職しているだけあって、なかには驚くような困った人材もいるようだ。どの企業も遭遇する可能性がある、がっかりしてしまう人材の実態に迫った。

1
nextpage

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事