ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
高橋洋一の俗論を撃つ!

為替再考!なぜ小泉・安倍政権時代には
円安誘導に成功したか

高橋洋一 [嘉悦大学教授]
【第30回】 2012年1月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 筆者が不思議に思うことは、為替ディーラーといわれる人たちの為替相場に対する解説である。

 例えば、昨年3月の震災直後、円安になるといっていた人が、円高になったのがわかると、レパトリエーション(Repatriation)だと言い始めた。レパトリエーションは為替市場ではしばしば使われる用語で、海外に投資している日本の資産が国内に還流することを指す言葉だ。そのために円高になったのだという。

為替レートを決める要因

 為替市場は需給関係で決まるのというのは一般論として正しい。しかし、後付けで、こうした需給を決める一つの要因だけで説明するのはどうかな、と思う。その場限りの説明でしかない。もっとも、マスコミで出てくるコメントはこの類の「滑った、転んだ」という話ばかりなので、辟易している。

 日々切った、張ったを行っているの為替ディーラーではなく、もう少し分析的な仕事をしている金融関係者から聞くと、為替レートを決めるのは長期的には購買力平価(両国間の物価水準の比率)と中期的には両国間の金利差であるという。

 たしかに、為替レートを購買力平価と金利で回帰分析すると、多少はフィットする。ただし、少し経済学をかじっていると、貨幣市場の均衡式から物価水準の比率と金利差には一定の関係があることがわかる。そこで、理論的には、物価水準の比率と金利差のいずれか一つは余計なモノとなる。そこで、それなら、両国のマネー量の相対比をとるというのは自然ななりゆきだ。国際金融を勉強した人なら、マネタリーアプローチがあり、それを簡略的に表現すると、両国のマネー量の相対比でもいいことがわかる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高橋洋一[嘉悦大学教授]

1955年、東京都に生まれる。東京大学理学部数学科・経済学部経済学科卒業。博士(政策研究)。1980年、大蔵省入省。理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員、内閣府参事官(経済財政諮問会議特命室)、総務大臣補佐官などを歴任したあと、2006年から内閣参事官(官邸・総理補佐官補)。2008年退官。金融庁顧問。2009年政策工房を設立し会長。2010年嘉悦大学教授。主要著書に『財投改革の経済学』(東洋経済新報社)、『さらば財務省』(講談社)など。

 


高橋洋一の俗論を撃つ!

元財務官僚の経済学者・高橋洋一が、世にはびこるもっともらしい「俗論」の過ちをズバリ解説。

「高橋洋一の俗論を撃つ!」

⇒バックナンバー一覧