ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

Airbnb創設10周年で
宿と宿泊客の双方を盛り立てる策を強化

瀧口範子 [ジャーナリスト]
【第443回】 2018年3月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
アイダホ州の「犬をかたどった家」(ホストの1つ)のスライドを見せながら新サービスを発表する、チェスキーCEO

4つの新サービスを披露

 民泊のエアー・ビー・アンド・ビー(Airbnb)が創設10周年を迎えて、サービスを大幅に向上させるロードマップを発表した。サンフランシスコで2月22日に開催された記念イベントでのことだ。

 テーマは、「みんなのためのAirbnb」。誰にでも泊まりたい場所が見つかることを謳った充実だが、ホテルなどのホスピタリティー業界にはない、どこまでもカスタマイゼーションに近い行き届いたサービスを目指している。

 サービス向上は、4つの面で行われる。家を提供するホストと宿泊するゲストへの特典強化、より細やかに好みの場所を見つけやすくするサイトの仕組みと、宿泊場所のクオリティーを保証する「Airbnb Plus」、高級路線を行く「Beyond by Airbnb」の登場だ。

 中でも、同社のホストへの気の遣い方は注目に値する。同社のブライアン・チェスキーCEOは、イベントの壇上で何度も「host-led world」(ホストがいてこその世界)を強調した。ホストは、自宅の余った部屋などを民泊のために貸し出す人々だが、その熱意には温度差があるだろう。最低限に部屋を整えるホストもいれば、味のあるインテリア・デザインにまとめて、さらに周辺地図を用意したり朝食を提供したりするホストもいる。

 Airbnbでは、ゲストによるレーティングも高い後者のようなホストを「スーパーホスト」として尊重してきたが、さらに彼らに多くの投資をするとした。投資とは、彼らに付与する特典のことだ。

 現在40万人いるスーパーホストは、年間10回の宿泊を受け入れている、ゲストからの評価が平均4.8星を獲得しているなどの条件をクリアーした人々だ。彼らには、すでに見つけやすいサーチフィルター、マーケティング支援などの特典が与えられているが、さらに独自のURL、ボーナス付与、サーチ最適化などを加えて、全部で19項目の特典が提供されることになる。

次のページ>> 泊まる客も格付け
1
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

瀧口範子
[ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。

ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧