ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ダイヤモンドホームセンターView Point

クラウド・コンピューティング最前線
中小SM中心に浸透もHCの活用は
プライベート・クラウドまで

ダイヤモンドホームセンター
【第34回】 2012年3月1日
著者・コラム紹介バックナンバー

ネットワーク上のITソリューションを活用するクラウド・コンピューティング。小売業でも現在、中小規模の食品スーパー(SM)に広まりつつある。HC業界においても、プライベート・クラウドを導入する動きが出てきた。流通業におけるクラウド・コンピューティングの活用状況を追った。

パブリックとプライベートの2種類

 手持ちのコンピューターでソフトウエアを管理・利用する形態ではなく、ネットワーク上に存在するサーバーからサービスのかたちでアプリケーションを使う「クラウド・コンピューティング」が登場して、7~8年がたつ。

 このクラウド・コンピューティングには、不特定の複数の企業が共通に使用する「パブリック・クラウド」と、個別企業向けの「プライベート・クラウド」の2種類がある。不特定の企業が共通のシステムを使用する「パブリック・クラウド」の方が、「クラウド・コンピューティング」の基本概念に近く、「パブリックでなければ、クラウドとは言わない」という意見まであるほどだ。そんな「パブリック・クラウド」の利用が、小売業でも始まっている。

 活用が広がっているのは中小SMだ。SMの場合、取扱商品は賞味期限のある食品で、厳格な商品管理が求められる。そのため、ITによる管理が求められるのだが、中小SMは、大手のように多額のコストをかけたり、要員を確保することが難しい。そこで、ITソリューションを割安で利用する方法として「パブリック・クラウド」の活用があるのだ。システムは業界標準的なものになるが、月単位の使用料だけで利用できる点がメリットだ。

中小SMで採用が増加中

 流通小売業向けにITソリューションを提供しているサイバーリンクス(和歌山県/村上恒夫社長)では、2005年からSM向けにパブリック・クラウドのサービスを提供している。当初、年商300~500億円の規模のSMを対象に開始したサービスだが、現在では10~1000億円へと対象となる企業の領域が拡大した。現在、同社のパブリック・クラウドの顧客数は約70社だが、最近は毎年15社ほど増加しており、順調に顧客数を伸ばしている。

 対象となる企業の領域が拡大した背景には、「SM業界における熾烈な競合がある」(リテイルネットワーク事業部・三浦明課長)という。IT武装にはコストがかかるが、これを低コストで実現するのが、「パブリック・クラウド・サービス」の活用なのだ。

>>続きはこちら

 

●「ダイヤモンド ホームセンター」3月号 好評発売中!

●小売・サービス・流通業界がわかるビジネス情報サイト DFオンライン

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

ダイヤモンドホームセンター

『ダイヤモンドホームセンター』誌は、「ホームチャネルの市場創造」をテーマとした、ホームセンターや各種専門店を中心とする企業、スタッフへのビジネス情報誌。生活の多様化は、ホームチャネルと呼ばれる多くの企業・店舗に、より快適でストレスレスな空間と商品、そして情報を求めています。快適生活を提案するホームチャネルビジネスを成功に導く情報誌の決定版、それが『ダイヤモンドホームセンター』です。
最新号の内容・購読お申し込みはこちら


ダイヤモンドホームセンターView Point

流通ホームチャネルを中心に、小売・流通業界で巻き起こる様々な事象を、編集部が独自の切り口で届けるコンパクトニュース。

「ダイヤモンドホームセンターView Point」

⇒バックナンバー一覧