ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社会起業家になりたいと思ったら読む本
【第1回】 2012年3月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
井上英之

時代は「社会起業3.0」へ。
ひとりひとりができる、世界の「変え方」とは?

1
nextpage

「社会起業家」という言葉が日本で注目されるようになって、10年ほどが経つ。その間、日本だけでなく世界でも、「社会起業」と呼ばれる分野に大きな成長や変化があった。
その中で、大きな変化のひとつといえるのは、「社会起業3.0」という言葉に代表される「生態系(エコシステム)」を重視する認識が広まったことだ。つまり、ひとりの革新的な起業家を持ち上げるだけではなく、個人でも組織の中にいても、あらゆるプレーヤーが、社会の変化に寄与しうる時代となっている、という事実だ。
ぼくが今回、監修した『社会起業家になりたいと思ったら読む本』は、この大きな変化を体系的に説明している、世界でも新しい種類の本だといえる。
そこで、まず連載第1回では、本書に登場する最初のメッセージ、すべてのプレーヤーに共通するマインドセットとは何か、を紹介したい。本連載を通して、企業にいても、政府にいても、学校やメディアからでも、世の中の変化に加担できること、何より、ひとりの力は大きく、社会変革(ソーシャル・イノベーション)のための「方法」が大きく進化しつつあることを、実感していただけたら幸いだ。

マインドセットが、イノベーションをつくる

 ヒーローたちに、「どうせ」という言葉は、似合わない。「どうせ、がんばっても……」と言うウルトラマンや仮面ライダーは(たぶん)いない。映画のスターや歴史の英雄たちも、苦しみながらも、最後は、粘り強く自らを信じ明るい方に賭けていく。その姿が、ぼくらに勇気を与える。

 そんなヒーローたちと同じように、社会の課題解決に挑む起業家たちは、「解決できっこない」「変わらないよね」という社会の先入観を前提からくつがえす。何よりも、ボーンステインが『社会起業家になりたいと思ったら読む本』(原題:「Social Entrepreneurship –What Everyone Needs to Know」)で伝えるのは、個人のもつ可能性に対する“考え方”の大切さだ。

 そう、この本で描いている大切なこと。それは、ものの見方や考え方(マインドセット)を変えると、結果も変わっていく、ということ。

 インドの「チャイルドライン」では、子どもたちの問題解決に、まさに”当事者”であるストリート・キッズが活躍する。助けられる、とされていた人たちが、自ら創造的な力を発揮し、彼らは社会の「コスト」ではなく、新しいイノベーションをつくりだす「人材」となる(事実、この子どもたちはストリートで起きている状況のことなら、誰よりも詳しい)。これは決して簡単なことではないが、根底に流れる“人間観”の転換でもある。

 お金のない彼らを、可能性のない人たちとして見るのではなく、何かを生み出しうる存在として見ると、彼らに尊厳と可能性が生まれる。

 そんな尊厳の革命は、あちこちで起きている。日本でも、出産後のお母さん向けに、産後の心とからだをメンテナンスするサービスを提供する「マドレボニータ」というNPOがある。

 起業した吉岡マコさんは、自分自身の産後の経験をきっかけに、出産後の母たちに自己効力感を与える場をつくりたいと、事業をスタートした。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


井上英之 (いのうえ・ひでゆき)

1971年東京都生まれ。慶応義塾大学卒業後、ジョージワシントン大学大学院に進学(パブリックマネジメント専攻)。ワシントンDC市政府、アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)を経て、NPO法人ETIC.に参画。
2001年より日本初のソーシャルベンチャー向けビジネスコンテスト「STYLE」を開催するなど、国内の社会起業家育成・輩出に取り組む。2005年、北米を中心に展開する社会起業向け投資機関「ソーシャルベンチャー・パートナーズ(SVP)」東京版を設立。2009年、世界経済フォーラム(ダボス会議)「Young Global Leader」に選出。2010年鳩山政権時、内閣府「新しい公共」円卓会議委員。2011年より、東京都文京区新しい公共の担い手専門家会議委員、など。現在、慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科特別招聘准教授。2012年秋より、日本財団国際フェローとして、米国スタンフォード大学客員研究員として滞在中。


社会起業家になりたいと思ったら読む本

いま、社会起業の周辺で、どんな変化が起きているのか?
「誰もがチェンジメーカーになれる」新しい時代、社会起業3.0。
一個人、企業、政府、メディアが、自分の「持ち場」で何ができるのかを、本連載で紹介していく。

「社会起業家になりたいと思ったら読む本」

⇒バックナンバー一覧