ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
大富豪アニキの教え
【第3回】 2012年6月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
兄貴(丸尾孝俊) [バリ島に住む世界レベルのウルトラ大富豪]

大富豪アニキの教え 【第2話】お金の使い方
99%実話の物語(ストーリー)

1
nextpage

この記事は、99%実話の物語(ストーリー)である『大富豪アニキの教え』の、【プロローグ】~【第4話】までを、全5回に分けて公開するものです。年収295万円、31歳ダメサラリーマンが、バリ島に住む世界レベルのウルトラ大富豪アニキに出会い、【25の教え】をこうて、人生の大逆転をはかる。

【第2話】お金の使い方

兄貴(丸尾孝俊)
1966年、大阪府生まれ。食べるものに困るほどの「極貧」時代を過ごす。20代後半で、単身インドネシアのバリ島に渡り、無一文から事業を開始し、奇跡の大逆転。バリ島での資産は圧倒的で、現地関連会社29社を所有し、現地人従業員は5300名を超え、自宅がなんと25軒、さらに東京ドーム170個分の土地を所有する世界レベルのウルトラ大富豪。その「資産」は、「ありすぎて試算できないレベル」。地元の人々に、学校、病院、サッカー場などを寄付するだけでなく、52人の孤児の「里親」になるなど、今でも、困っている人には惜しみなく手を差し伸べている。

 「テッテケレ~レ♪テッテケレ~レ♪」と兄貴はリズムを口ずさみながら、トイレから戻ってきた。そして、兄貴がトイレに行っている間に、お手伝いさんがガタガタと持ってきてくれていた、テーブルの上のコピ(コーヒー)を、ズズズズッと、ひとすすりした。

 突然、兄貴に、1本の電話がかかってきた。

 「よし、おぉ、あの土地か、なんぼや?おぉ! そしたら、バコーンと5億でいったれ!完全に、MAXでいくんやぞぉ~!」プチッ。そして、兄貴は、タバコを取り出すと、カチンッと、ジッポーライターで火をつけた。

 兄貴、すげえ。5億の取引が、一瞬かよ。

 「いっちゃん、なんでもええで、どんどん聞いてや。完全に1秒で即答やから」
  そう言うと、兄貴は、ニッと笑った。

 「兄貴、やっぱり、兄貴は世界レベルの大富豪なので、『お金』のことについて、聞いてみたいです。兄貴、お金というものは、どう使えば、一番、『お金が生きる使い方』ができるのでしょうか?」

 兄貴は、「余裕や」と言って、話しはじめた。

 「あのな、いっちゃん。『人のためにお金を使い続ける』ことをやり続けるべきなんやな。そしたらな、必ず『自分が豊かになる』から

 兄貴は、ニッと笑うと、バフーと、白い煙を、口の周りにはき出した。

 「いっちゃんな、『面倒を見る』っていう言葉があるやろ。でもな、今の日本は、『面倒を見る』という制度が少なくなってきているし、それに伴って『面倒を見てくれる先輩』というのも少なくなってきているやろ。たとえばな、『おい、今晩、メシ食わしたるから、バコーンと一杯、付き合えよ』とか、『みんな腹減ってるやろ、どや、オレのおごり炸裂やから、全員でメシ食い行くぞ』とか、そういうことを言うて、面倒を見てくれる先輩が少ないやろ。でもな、昔は、そんな先輩がたくさんおったよ」
「はい」

 「先輩は、たとえ、自分でお金をそんなに稼いでなくってもな、後輩たちのメシをおごるお金をケチったりとかはしなかったんや。昔は、そういうのが日本の伝統であり義務やった。ようするに、ちょっとでも強いやつとか、ちょっとでもお兄さんなやつはな、後輩の面倒を見るのが当たり前やったんや」

 兄貴は、コピ(コーヒー)をズズズズッとすすると、遠くを見るような目をして言った。

 「たとえばな、先輩だってけっこう貧乏しちゃってるのに、後輩に『腹減っとるなら、おまえも食え』と言うて、のり弁当をおごってくれたとするやろ。それをバクバク一緒に食っているときに、後輩は思うはずや。『オレがおれへんかったら、先輩は、のり弁当じゃなくて、唐揚げ豪華MAX弁当、が食えているのに……』と、どやこれ」
「兄貴、それは、ちょっと感動しちゃいますね」

 「せやろ。これな、めちゃめちゃ先輩に大切にしてもらっていると、後輩は感じちゃうわけやねん。そしたら、後輩も先輩に『感謝』炸裂やねんて。そして昔はな、あとあと、面倒を見てもらった後輩もな、先輩がかけた手間に感謝して、ちゃんと恩を返していたんや。そして、今度は、自分の後輩の面倒を見るようになるんやて。それが『相手を自分ごとのように大切にする心(=つながり・ご縁・絆)』になっていくねんて」

  兄貴は、両方の鼻の穴から、白い煙をはき出すと、ニッと笑った。

 「でも、兄貴。本当に後輩におごるお金がない、という先輩もいますよね」
「あのな、いっちゃん。もし、給料だけでは足りないのなら、副業やアルバイトでもすればええねんて。オレならそうするし、実際、そうしとったよ。後輩におごったりして、つながりを育むためのお金は、アルバイトをしてでも稼いだほうがええんや。そんなことまでして後輩の面倒を見ているとな、『あんな先輩は、ほかでは見たことがない』となって、そら、多くの後輩が、ボーボー慕ってくれるわけや」

「たしかに、そこまで先輩がしてくれたら、すごく、慕われるでしょうね」
  兄貴は、プワーと、白い煙を、口の周りにはき出した。

 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


兄貴(丸尾孝俊) [バリ島に住む世界レベルのウルトラ大富豪]

 1966年、大阪府生まれ。3歳で母親と離別。食べるものに困るほどの「極貧」時代を過ごす。中学を卒業後は、「看板屋」に住み込みの「丁稚」として就職。  その後、運送会社や、吉本興業(株)などを経て、20代後半で、単身インドネシアのバリ島に渡り、事業を開始する。  多くのインドネシア人にお金を貸しているうちに、気がつくと「自分がほぼ無一文」に。そこから、奇跡の大逆転をし、「不動産デベロッパー」として大成功。  バリ島での資産は圧倒的で、現地関連会社29社を所有し、現地人従業員は5300名を超え、自宅がなんと25軒、さらに800ヘクタール(東京ドーム170個分)の土地を所有する世界レベルのウルトラ大富豪。その「資産」は、「ありすぎて試算できないレベル」。  地元の人々に、学校、病院、サッカー場などを寄付するだけでなく、アスファルトの舗装、伝統芸能の楽団を維持・運営するための資金を援助、52人の孤児の「里親(経済的なすべての援助をする)」になるなど、今でも、困っている人には惜しみなく手を差し伸べる。現地の人からは「兄貴」 「マルさん」「ボス」などと呼ばれ、「村長さんよりも偉いくらいだ!」と、慕われている。  また、日本のテレビでも特集され、テレビ東京の「ありえへん∞世界」や、テレビ朝日「スーパーJチャンネル」、日本テレビ「金持ちA様貧乏B様」、関西テレビの「偉人変人たかじん」に登場し、大反響を呼んだ。


大富豪アニキの教え

この記事は「99%実話の物語」である『大富豪アニキの教え』の【プロローグ】~【第4話】までを、5回に分けて公開するものです。
「やばいでオレ、人生を変えるとんでもない秘密を、バラしてもうた」(byアニキ)
無一文から大富豪になったアニキの、人生を変える【25の教え】。
本書は、99%実話の物語(ストーリー)。年収295万円、31歳ダメサラリーマンの鈴木一郎(いっちゃん)が、バリ島に住む世界レベルのウルトラ大富豪アニキに出会い、【25の教え】をこうて、人生の大逆転をはかる

「大富豪アニキの教え」

⇒バックナンバー一覧