ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
開沼博 闇の中の社会学 「あってはならぬもの」が漂白される時代に
【第11回】 2012年10月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
開沼 博 [社会学者]

第11回
高学歴美人「中国エステ」ママの行く末 
「カネの奴隷」と「豊かで幸せな生活」の天秤の上で

1
nextpage

地元の名門大学を卒業して来日。その後、日本の大学院で修士号を取得し、中国語・日本語・韓国語の3ヵ国語を自在に操るチェ・ホア。日本で生まれ育っていたならばエリートコースをたどっても不思議でない彼女は、「中国エステ」の経営者として生きることを選んだ。
社会学者・開沼博は、チェ・ホアの言葉に耳を傾ける。大学院を卒業したものの、就職にも事業にも失敗した彼女は、その後「中国エステ」のママとして歩み出す。しかし、警察による取り締まり、“できちゃった結婚”と離婚、そして、ビザ取得のための「結婚」……。彼女が歩んできた道のりはけっして平坦なものではなかった。「カネの奴隷」となってまでも、チェ・ホアが求め続ける「豊かで幸せな生活」とは——。
乗り越えることができない「スタートライン」の呪縛。第10回に続き、壁にもがきながら、それでも懸命に生き抜くひとりの中国人女性の姿を通して、日本の現実が見えてくる。連載は隔週火曜日更新。

80年代に変化を迎えた性風俗産業

 「中国エステ」の起源には諸説ある。かつて、中国・大陸側からの留学生の流入がまだ少なかった1980年代前半、繁華街において「台湾式マッサージ」という名称で同様のサービスを提供する業態があったと語る者は多い。

 また、80年代以前にも、台湾人や華僑系在日中国人が経営するマッサージ店は存在していたが、それはあくまで通常のマッサージ店であって、戦略として「お色気」を導入した店舗ではないという声もある。その時点で「台湾式」が意味するのは、足で体を踏むマッサージや足ツボを刺激する、といった程度のことだった。

 ところが、ある時期から、一部の台湾式マッサージ店が「ミニのチャイナドレスを着た若い台湾美女がマッサージをしてくれる」という「お色気」サービスを取り入れていったのだという。この背景には、バブル期を迎える日本における都市風景の変化があった。

 80年代、不動産の価格は高騰し、企業の接待経費が街にばら撒かれる浮ついた空気が生まれる。歌舞伎町をはじめとする繁華街は、より派手で過激な演出を売り物とし始め、サービスのイノベーションを起こしていった。そして、性風俗産業においては、いわゆる「ファッションマッサージ」などが流行し、新しいムーブメントが生まれていく。その潮流が、従来とは違った「台湾式」を生み出す土壌となったことは確かだろう。

前出のAは語る。

 「オレがリアルに覚えている範囲で言えば、80年代後半、大学生のときに歌舞伎町の靖国通り沿いに店舗を構えていた『C』が最初のほうかな。料金とかは忘れたけど、キャッチに連れられて店に入って、チャイナドレスを着た女のコが単純にマッサージをするだけ。それ以上のサービスはなかったけど、股間周辺を念入りにマッサージしてくれたり、いわゆる普通のマッサージとは違うもの、っていう気がした」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


開沼 博(かいぬま・ひろし) [社会学者]

1984年、福島県いわき市生まれ。東京大学文学部卒。同大学院学際情報学府修士課程修了。現在、同博士課程在籍。福島大学うつくしまふくしま未来支援センター特任研究員。専攻は社会学。学術誌のほか、「文藝春秋」「AERA」などの媒体にルポ・評論・書評などを執筆。
著書に『漂白される社会』(ダイヤモンド社)、『はじめての福島学』(イースト・プレス)、『「フクシマ」論 原子力ムラはなぜ生まれたのか』(青土社)、『地方の論理 フクシマから考える日本の未来』(同、佐藤栄佐久との共著)、『フクシマの正義 「日本の変わらなさ」との闘い』(幻冬舎)『「原発避難」論 避難の実像からセカンドタウン、故郷再生まで』(明石書店、編著)など。
第65回毎日出版文化賞人文・社会部門、第32回エネルギーフォーラム賞特別賞。

 


開沼博 闇の中の社会学 「あってはならぬもの」が漂白される時代に

不法就労外国人、過激派、偽装結婚プロモーター、ヤクザ、チーマー、売春婦……。彼らはときに「アウトロー」や「アンダーグラウンド」と評され、まるで遠い国のできごとのように語られてきた。しかし、彼らが身を置く世界とは、現代社会が抱える矛盾が具現化された「ムラ」に過ぎない。そして、「あってはならぬもの」として社会からきれいに“漂白”されてしまった「ムラ」の中にこそ、リアリティはある。
気鋭の社会学者である開沼博が、私たちがふだん見えないフリをしている闇の中へと飛び込んだ。彼はそこから何を考えるのだろうか? テレビや新聞を眺めていても絶対に知ることのできない、真実の日本を描く。全15回の隔週火曜日連載。 
 

「開沼博 闇の中の社会学 「あってはならぬもの」が漂白される時代に」

⇒バックナンバー一覧