ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「超」入門 学問のすすめ――明治維新と現代日本に共通する23のサバイバル戦略
【特別対談(前編)】 2013年5月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
鈴木博毅

齋藤 孝×鈴木博毅対談【前編】
今『学問のすすめ』から学ぶ、
変化に強いメンタルのつくり方

1
nextpage

なぜ今、福沢諭吉の『学問のすすめ』なのか?『現代語訳 学問のすすめ』で福沢の視点を幅広く世に知らしめた教育学者の齋藤孝さんと、明治維新と現代日本に共通する23のサバイバル戦略を抽出した『「超」入門 学問のすすめ』の著者・鈴木博毅さんが、今も色あせない歴史的名著の有用性について語り合う。

『学問のすすめ』には
ビジネスの革新方法が書かれている

『現代語訳 学問のすすめ』福澤諭吉著、齋藤孝訳(ちくま新書)
歯切れのよい原書のリズムをいかしつつ、文語を口語に移した現代語訳。現代にいかすためのポイントを押さえた解説つき。

齋藤:僕は教育が専門なので、常々学生たちにも『学問のすすめ』を読んでもらいたいなと思っていたんです。でも実際には、大学生で読んでいる人の数はものすごく少ない。そんなに難しい文章でもないんですが、今の人にはちょっと漢文調でハードルが高いのかもしれません。そう思って、数年前に『現代語訳 学問のすすめ』(ちくま新書)を出しました。

 一方で、鈴木さんの新刊『「超」入門 学問のすすめ』(ダイヤモンド社)は、明治維新という日本の大きな転換期に書かれた『学問のすすめ』を読み解くことで、現代を乗り切るヒントを学ぶという内容ですが、そもそもこれをお書きになる発端は何だったのですか?

鈴木:国家として存亡の危機に直面し、強制的に鎖国を解かれた明治維新と、今や国民全体がすっかり自信を失っている一方で、本格的なグローバル化が避けられなくなっている現代日本には共通点があるように感じたのがきっかけでした。

『「超」入門 学問のすすめ』鈴木博毅著(ダイヤモンド社)
『学問のすすめ』から、幕末・明治という大転換期のサバイバル戦略を抽出して、現代の日本人にも役立つポイントをダイジェストでまとめた「超入門書」。

 現在、私たちは将来をどうサバイバルしていくか模索していますが、明治維新では見事に人々は転換期を乗り越え、新しい時代を切り拓くことができた。その原動力となった指南書は何か、と考えたときに行き着いたのが、明治維新の5年後に発売され、合計340万部、つまり国民4人に1人が読んだという、福沢諭吉の『学問のすすめ』でした。ここに現代を生き抜く答えがあるのではないか、と感じたんです。

齋藤:でも、鈴木さんはコンサルティングがご専門ですよね。なぜコンサル業界の方がいきなり『学問のすすめ』なのだろうと意外に思う読者も多いかもしれませんが、ビジネスでのご経験と『学問のすすめ』にはつながるところがあるということでしょうか?

鈴木:ええ、仕事におけるイノベーションの方法も、実はこの本の中に書かれていると感じ、それをエッセンスとして描きたいと考えたんです。たとえば、古いルールを理解することが新しいルールの発見にまず必要だと説いているのですが、これもまさにビジネスに当てはまる考え方です。

齋藤孝(さいとう・たかし) 1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。同大大学院教育学研究科博士課程を経て、現在、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。著書は25万部突破『雑談力が上がる話し方』をはじめ、『学問のすすめ現代語訳』(ちくま新書)、『声に出して読みたい日本語』(草思社)、『古典力』(岩波新書)、『売れる!ネーミング発想塾』(いずれもダイヤモンド社)など多数。

齋藤:確かに幕末から明治というのはシステムの変化が急でしたよね。でも教養なども含めて、その前のシステムをうまく修めた人間が、変化を上手に修正していった感がある。つまり、明治維新が革命であったことには違いないけれど、前時代の教養やシステムを把握していた人間が行った革命だったと僕も思います。

鈴木:少なくとも「破壊」ではない形の革命でした。連続した変革だと感じます。

齋藤:福沢にしても、幼い頃に受けた漢籍のトレーニングが文章を書く上で一生自分の土台になっている、と言っているんですよね。そういう意味では、西洋の学問を取り入れる上においても、実は江戸時代の教育がものすごく役に立ったということ。やはり古いものの理解なくして、新しいものは吸収できないということを表していると思います。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


鈴木博毅 

1972年生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。ビジネス戦略、組織論、マーケティングコンサルタント。MPS Consulting代表。貿易商社にてカナダ・豪州の資源輸入業務に従事。その後国内コンサルティング会社に勤務し、2001年に独立。戦略書や戦争史、企業史を分析し、ビジネスに活用できる新たなイノベーションのヒントを探ることをライフワークとしている。顧問先には顧客満足度ランキングでなみいる大企業を抑えて1位を獲得した企業や、特定業界で国内シェアNo.1の企業など成功事例多数。日本的組織論の名著『失敗の本質』をわかりやすく現代ビジネスマン向けにエッセンス化した『「超」入門 失敗の本質』(ダイヤモンド社)は14万部を超えるベストセラーとなる。その他の著作に、『企業変革入門』『シャアに学ぶ逆境に克つ仕事術』(日本実業出版社)、『戦略の教室』(ダイヤモンド社)、『「空気」を変えて思いどおりに人を動かす方法』(マガジンハウス)、『実践版 孫子の兵法』(プレジデント社)、『この方法で生きのびよ』(経済界)、『君主論』(KADOKAWA)などがある。

 


「超」入門 学問のすすめ――明治維新と現代日本に共通する23のサバイバル戦略

歴史的名著は国家存亡期に書かれた「革命の書」だった――。『学問のすすめ』が実現させた、日本史上最大の変革「明治維新」から転換期を生き抜く方法を学ぶ。140年前と現代に共通する、個と国家の「成功の本質」とは?

「「超」入門 学問のすすめ――明治維新と現代日本に共通する23のサバイバル戦略」

⇒バックナンバー一覧