ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「超」入門 学問のすすめ――明治維新と現代日本に共通する23のサバイバル戦略
【第5回】 2013年4月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
鈴木博毅

「失敗の本質」から「成功の本質」へ
自らを進化させる究極の書

1
nextpage

昨年ベストセラーとなった『「超」入門 失敗の本質』。旧日本軍の組織的敗因を分析した古典的名著を、現代日本の閉塞感と重ね合わせて話題を呼んだ。その続編が『学問のすすめ』であることに意外性を感じる人もいるかもしれない。しかし、幕末明治の転換期に書かれた歴史的名著には、混迷する時代を生き抜き、個と国家の変革を実現させるための「成功の本質」が満載なのだ。

『「超」入門 失敗の本質』の続編が、
『「超」入門 学問のすすめ』である理由

 日本の歴史、日本の産業について「失敗の要因」は多く語られています。それは1945年の敗戦の記憶と焼野原となった日本の国土が、私たちに二度と戦争をしてはならないと強く戒めているからかもしれません。

 同時に、第2次世界大戦での反省や日本の失敗の陰に隠れて、日本はその「成功の本質」を議論したり、過去の日本の成功要因を研究する意識が薄い可能性もあります。

 もちろん、過去適切でなかった部分を改めてなぞる必要はありません。しかし、私たちの歴史における「成功の本質」に視線を向けること、成功の真の要因がなんであったかを考察することは、混沌とした21世紀の現代だからこそ極めて重要なのではないでしょうか。

 昨年の拙著『「超」入門 失敗の本質』は、日本的組織論の白眉である『失敗の本質』(ダイヤモンド社)のエッセンスを現代ビジネスで解説した書籍であり、お陰様で非常に多くの読者を獲得することができました。

 私たちは、日本の失敗を改めて議論し、本質を理解することを目指しているのです。であれば、日本の成功を改めて議論することも必要でしょう。

 失敗を議論することが、成功への道を示してくれるように、成功を議論することは、失敗への道をよりわかりやすく浮き彫りにしてくれるからです。

 実は、歴史における「成功の本質」のヒントこそ、実は福沢諭吉の歴史的名著『学問のすすめ』に隠されているのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


鈴木博毅 

1972年生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。ビジネス戦略、組織論、マーケティングコンサルタント。MPS Consulting代表。貿易商社にてカナダ・豪州の資源輸入業務に従事。その後国内コンサルティング会社に勤務し、2001年に独立。戦略書や戦争史、企業史を分析し、ビジネスに活用できる新たなイノベーションのヒントを探ることをライフワークとしている。顧問先には顧客満足度ランキングでなみいる大企業を抑えて1位を獲得した企業や、特定業界で国内シェアNo.1の企業など成功事例多数。日本的組織論の名著『失敗の本質』をわかりやすく現代ビジネスマン向けにエッセンス化した『「超」入門 失敗の本質』(ダイヤモンド社)は14万部を超えるベストセラーとなる。その他の著作に、『企業変革入門』『シャアに学ぶ逆境に克つ仕事術』(日本実業出版社)、『戦略の教室』(ダイヤモンド社)、『「空気」を変えて思いどおりに人を動かす方法』(マガジンハウス)、『実践版 孫子の兵法』(プレジデント社)、『この方法で生きのびよ』(経済界)、『君主論』(KADOKAWA)などがある。

 


「超」入門 学問のすすめ――明治維新と現代日本に共通する23のサバイバル戦略

歴史的名著は国家存亡期に書かれた「革命の書」だった――。『学問のすすめ』が実現させた、日本史上最大の変革「明治維新」から転換期を生き抜く方法を学ぶ。140年前と現代に共通する、個と国家の「成功の本質」とは?

「「超」入門 学問のすすめ――明治維新と現代日本に共通する23のサバイバル戦略」

⇒バックナンバー一覧