ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

“声優の卵”が本格的な声を提供
音声に特化したクラウドソーシングが登場

吉田由紀子
2013年7月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ソーシャルゲームやアプリの普及に伴い、このところ“声”の需要が増えている。電子書籍の読み上げ、幼児向けアプリのガイド、WEB動画のナレーションなど、いわゆるリッチコンテンツの進化により、そのニーズは増加する一方だ。

 こういった音声に関する仕事は従来、アナウンサー事務所や声優プロダクションが請け負ってきたが、いま、ネットを介して広くクラウドソーシング化されつつある。

音声素材に特化したクラウドソーシング「Voip!(ボイプ)」。声優、アナウンサー、ナレーターなど声のプロと発注者を結ぶマッチングサイトだ

 「Voip!(ボイプ)」(http://voi-p.com/)は、音声素材に特化したクラウドソーシング。声優、アナウンサー、ナレーターなど、声を売り物にするプロと発注者を結ぶマッチングサイトである。

 仕組みはこうだ。声優事務所や専門学校と提携しているVoip!には、1700名の声優が登録されている(6月27日現在)。これらのネットワークを活用することで、多彩なニーズに応じた音声素材をリーズナブルな価格で提供している。

 発注者が依頼する場合、まずWEB上でオーディションを実施する。Voip!は、登録している声優に課題セリフ等をメール配信。声優は内容や条件を見てエントリーを決定。自宅で課題を録音し、音声ファイルとして提出する。

 発注者はエントリーされた音声からイメージに合うものを選び、契約を結ぶ。ここまでは無料なので、イメージに合う声の主がいなければ利用料は発生しない。

 契約後、声優は自宅でPC機材を使用し録音。音声ファイルとして納品する。Voip!側はそれらの音声にノイズ除去、音量統一、エフェクト処理などの整音作業を施して、発注者に納品するという流れだ。

 今年1月のサービス開始以来、上場企業の教育コンテンツや、190万件のダウンロード実績を持つ人気アプリなどもこのVoip!を活用するまでに成長を遂げている。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

デジライフNAVI

目まぐるしいほどの進化を続けるデジタルの世界。最新の商品やサービスをいち早くキャッチアップし、最先端のトレンドをナビゲーションします。

「デジライフNAVI」

⇒バックナンバー一覧