ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
対談 漂白される社会
【第14回】 2013年7月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
開沼 博 [社会学者],磯部涼

ネットの陰謀論は社会を動かしたのか?
行き過ぎた被害者意識で届かない主張
【音楽ライター・磯部涼×社会学者・開沼博】

1
nextpage

売春島や歌舞伎町といった「見て見ぬふり」をされる現実に踏み込む、社会学者・開沼博。そして、クラブ規制で注目を浴びる風営法の問題に正面からぶつかり、発信をつづける、音楽ライター・磯部涼。『漂白される社会』(ダイヤモンド社)の刊行を記念して、ニュースからはこぼれ落ちる、「漂白」される繁華街の現状を明らかにする異色対談。
第4回では、厳格化する取り締まりによって進む脱法化の現状、なくなることのない陰謀論の実態、加害者性が失われた運動の真の課題へと話は深まる。対談は全5回。

地下に潜った問題をさらに取り締まる警察

開沼 クラブのようなダンスの場が、理性ではなく情念を原動力としていて、その場所に暴力や性といった社会の周縁的なものが集まるのだとするならば、そこを警察が狙い撃ちしていることもあると。

磯部涼(いそべ・りょう)
音楽ライター。1978年、千葉県千葉市生まれ。1990年代末から商業誌への寄稿を開始し、主に、日本のマイナーな音楽の現場について執筆してきた。著作に、『ヒーローはいつだって君をがっかりさせる』(太田出版)、『プロジェクトFUKUSHIMA!2011/3.11-8.15 いま文化に何ができるか』(K&B)、『音楽が終わって、人生が始まる』(アスペクト)がある。
近年は、日本のクラブ業界においてタブー視されてきた風営法の問題解決に取り組み、同問題をテーマにした『踊ってはいけない国、日本』(河出書房新社)と、その続編『踊ってはいけない国で、踊り続けるには』(同)の編著者を務めた。
撮影:植本一子

磯部 そうですね。ただ、警察の狙いが正しいのかどうかは別の話で、例えば、<VANITY>の摘発のトリガーは路上で騒ぐ酔客に対する苦情でしたが、実は、<VANITY>が入っていたロアビルの向かいの通り、外国人の客引きが縄張りにしているエリアのほうがより治安が悪いようにも思え、実際、ケンカのようなトラブルも日常茶飯事です。

 これは、歌舞伎町の現状にも近いものがあります。迷惑防止条例の下に風俗店の声かけを徹底的に取り締まったことによって、結局、逮捕覚悟で執拗に絡む、外国人や半グレの客引きが増え、より悪質化しましたよね。彼らは、「風俗店ではなく、飲食店なので問題がない」という言い逃れをすることが多いため、新宿区では風俗店以外も対象にした「客引きの防止に関する条例」を9月から施行予定ですが、効果があるのかどうかは疑問です。

 これまで話してきたように、問題の解決には、長期的な目標と短期的な目標の両輪で走ることが必要なわけですが、警察のやり方は後者に偏っているが故にいたちごっこを煽ってしまっているのではないでしょうか。

開沼 禁止することによってトラブルがなくなるのではなく、先鋭化した別のトラブルが生まれる構造ができてしまう。

磯部 歌舞伎町では街並を浄化するため、違法の店舗型性風俗を徹底的に摘発し、無店舗型へと誘導したことで、不過視化こそ達成したものの、従業員の女性の労働環境が悪化したという面もありますよね。

開沼 しっかりとした規制をかければ問題が解決するかというと、かえって地下化していきます。売春合法化のように、普通の規範を持った人からは理解し難いと思える議論も、そうした文脈から生まれてきています。

 にもかかわらず、規制当局は地下化を促進するようなこと、少なくとも、そう見えることを続けています。この点については、「彼らがナイーブな正義感を持っているからだ」と、「権力は愚かだフレーム」で解釈を行なって済ませてきた部分もありますが、それだけでは足りないと考えています。

 つまり、「ナイーブに見えるかもしれない方針だけれども、それによって仮に地下化が進んだとしても、その地下化すら止めるまで、徹底的に規制強化し続けてやる」という意気込みのもとで進められている方針であると。

 ただ、その方針がいかなる帰結をもたらすのかは見ものです。フリードリヒ・ハイエクは、あらゆるものを政治的な枠組みのもとでコントロールしようとする「設計主義的な方針」は、多くの共産主義国家がそうであるように、当初の目的を達成し得ずに破綻する、と指摘します。

 そうではなく、市場などが作り出した、すでにそこにある「自生的な秩序を活かす方針」の中でこそ持続的な秩序が形成されると。その意味では、「自生的な秩序」も、しらみ潰しに無効化していくことがいつまで続き、どのような社会を作るのかは興味深い。

磯部 最近の警察は、半グレ対策等に象徴されるように、地下化した問題を把握しようと躍起になっていますよね。それがどうなっていくかはまだ見えないですが。

開沼 見えないですね。そこを今から語っておくことのほうが、「権力は愚かだフレーム」で物事を語り続けるよりも建設的だと思います。

磯部 これは非常に興味深い話です。街並を浄化した後に地下さえ洗おうとする警察と、したたかに逃げ続けようとする風俗のいたちごっこはどこに行き着くのか。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


開沼 博(かいぬま・ひろし) [社会学者]

1984年、福島県いわき市生まれ。東京大学文学部卒。同大学院学際情報学府修士課程修了。現在、同博士課程在籍。福島大学うつくしまふくしま未来支援センター特任研究員。専攻は社会学。学術誌のほか、「文藝春秋」「AERA」などの媒体にルポ・評論・書評などを執筆。
著書に『漂白される社会』(ダイヤモンド社)、『はじめての福島学』(イースト・プレス)、『「フクシマ」論 原子力ムラはなぜ生まれたのか』(青土社)、『地方の論理 フクシマから考える日本の未来』(同、佐藤栄佐久との共著)、『フクシマの正義 「日本の変わらなさ」との闘い』(幻冬舎)『「原発避難」論 避難の実像からセカンドタウン、故郷再生まで』(明石書店、編著)など。
第65回毎日出版文化賞人文・社会部門、第32回エネルギーフォーラム賞特別賞。

 

磯部涼(いそべ・りょう)

音楽ライター。1978年、千葉県千葉市生まれ。1990年代末から商業誌への寄稿を開始し、主に、日本のマイナーな音楽の現場について執筆してきた。著作に、『ヒーローはいつだって君をがっかりさせる』(太田出版)、『プロジェクトFUKUSHIMA! 2011/3.11-8.15 いま文化に何ができるか』(K&B)、『音楽が終わって、人生が始まる』(アスペクト)がある。
近年は、日本のクラブ業界においてタブー視されてきた風営法の問題解決に取り組み、同問題をテーマにした『踊ってはいけない国、日本』(河出書房新社)と、その続編『踊ってはいけない国で、踊り続けるには』(同)の編著者を務めた。

 


対談 漂白される社会

売春島、偽装結婚、ホームレスギャル、シェアハウスと貧困ビジネス…好奇の眼差しばかりが向けられる、あるいは、存在そのものが「見て見ぬふり」をされる対象に迫り続ける社会学者・開沼博。『漂白される社会』の刊行を記念して、人々を魅了しつつも、社会から「あってはならぬもの」とされた対象やそれを追い続ける人物と語り合うことで、メディアでは決して描かることのない闇の中に隠された真実を炙り出す。

「対談 漂白される社会」

⇒バックナンバー一覧