ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
対談 漂白される社会
【第12回】 2013年7月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
開沼 博 [社会学者],磯部涼

六本木VANITY摘発で警察が伝えたメッセージ
改正と運用の狭間で揺れ動く風営法問題のいま
【音楽ライター・磯部涼×社会学者・開沼博】

1
nextpage

売春島や歌舞伎町といった「見て見ぬふり」をされる現実に踏み込む、社会学者・開沼博。そして、クラブ規制で注目を浴びる風営法の問題に正面からぶつかり、発信をつづける、音楽ライター・磯部涼。『漂白される社会』(ダイヤモンド社)の刊行を記念して、ニュースからはこぼれ落ちる、「漂白」される繁華街の現状を明らかにする異色対談。
六本木の有名クラブVANITY摘発が大きな話題を呼んだクラブ規制の問題。実は、摘発に踏み切った警察には、ある明確な意図があった。第2回は、取り締まる側と取り締まられる側双方の視点から、踊ってはいけない国の現在に迫る。対談は全5回。

現場の主張と乖離する改正運動

開沼『踊ってはいけない国、日本』『踊ってはいけない国で、踊り続けるために』(以上、河出書房新社)は、タイトルも見た目も似ているものの、2冊目で大きく方向転換をされているようにも見えます。また、磯部さんご自身もそれを「転向と見えるかもしれない」とも書かれています。

 勝手に単純化してまとめると、1冊目では過剰規制反対を盛り上げて「押し切るぞ!」という勢いがあった。そのために、運動と現場のリアリティを切り捨ててしまった部分があるかもしれない、と。ところが2冊目では、具体的にどう変えていくのかに向かって、現場のリアリティと付き合いながら、条件闘争も辞さない立場になった、と。

 これは、「条件闘争路線に寝返るなんて、妥協しているじゃないか」とも見られかねないわけですね。磯部さんがそのような心変わりをされた理由を聞かせてください。

磯部涼(いそべ・りょう)
音楽ライター。1978年、千葉県千葉市生まれ。1990年代末から商業誌への寄稿を開始し、主に、日本のマイナーな音楽の現場について執筆してきた。著作に、『ヒーローはいつだって君をがっかりさせる』(太田出版)、『プロジェクトFUKUSHIMA!2011/3.11-8.15 いま文化に何ができるか』(K&B)、『音楽が終わって、人生が始まる』(アスペクト)がある。
近年は、日本のクラブ業界においてタブー視されてきた風営法の問題解決に取り組み、同問題をテーマにした『踊ってはいけない国、日本』(河出書房新社)と、その続編『踊ってはいけない国で、踊り続けるには』(同)の編著者を務めた。
撮影:植本一子

磯部 1冊目の反省として、自分がつくるとどうも左翼臭くなるなぁというのがあったんですね。

開沼 それは、自分を冷静に見た時にということですか?

磯部 過剰規制というロジックがそもそも左翼的じゃないですか。

開沼 反権力、反体制を前提としている。

磯部 そうです。あるいは疎外論とか。

開沼 なるほど。

磯部 本を読んでもらえば、そんなに単純なことは言っていないとわかってもらえると思うんですけど、「まえがき」のように短い文章で煽らなければいけないときは、どうしても左翼的なロジックに頼ることになってしまって。

 そもそも、タイトルがミス・リードですからね。あれだけを目にした人が、「表現の自由を守れ!」「自由が規制されている!」という主張がされている本なんだという印象を持ってしまっても仕方がない。

 昨年の風営法改正運動を先導したLet's DANCE署名推進委員会は、左翼的な人脈の基に成り立っていました。それは、隠していることでも何でもなく、彼らのホームページにある通り、共同代表は中村和雄さんが務めているわけですが、彼は京都の人権派弁護士で、2008年、2012年と日本共産党の推薦で市長選に出馬していますからね。

 中村さんをトップにしたLet's Danceは、まさに、「表現の自由を守れ!」と主張する運動でもあった。ただ、事業者の中にはまた違ったリアリティを持っている人たちも多いんです。結果、運動の現場と文化の現場が乖離してしまった。その様子を間近で見ていたので、これはまずいなと思ったんです。

開沼 その「まずいな」という感覚が1冊目と2冊目の間で確実に生じた変化だと?

磯部 そうですね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


開沼 博(かいぬま・ひろし) [社会学者]

1984年、福島県いわき市生まれ。東京大学文学部卒。同大学院学際情報学府修士課程修了。現在、同博士課程在籍。福島大学うつくしまふくしま未来支援センター特任研究員。専攻は社会学。学術誌のほか、「文藝春秋」「AERA」などの媒体にルポ・評論・書評などを執筆。
著書に『漂白される社会』(ダイヤモンド社)、『はじめての福島学』(イースト・プレス)、『「フクシマ」論 原子力ムラはなぜ生まれたのか』(青土社)、『地方の論理 フクシマから考える日本の未来』(同、佐藤栄佐久との共著)、『フクシマの正義 「日本の変わらなさ」との闘い』(幻冬舎)『「原発避難」論 避難の実像からセカンドタウン、故郷再生まで』(明石書店、編著)など。
第65回毎日出版文化賞人文・社会部門、第32回エネルギーフォーラム賞特別賞。

 

磯部涼(いそべ・りょう)

音楽ライター。1978年、千葉県千葉市生まれ。1990年代末から商業誌への寄稿を開始し、主に、日本のマイナーな音楽の現場について執筆してきた。著作に、『ヒーローはいつだって君をがっかりさせる』(太田出版)、『プロジェクトFUKUSHIMA! 2011/3.11-8.15 いま文化に何ができるか』(K&B)、『音楽が終わって、人生が始まる』(アスペクト)がある。
近年は、日本のクラブ業界においてタブー視されてきた風営法の問題解決に取り組み、同問題をテーマにした『踊ってはいけない国、日本』(河出書房新社)と、その続編『踊ってはいけない国で、踊り続けるには』(同)の編著者を務めた。

 


対談 漂白される社会

売春島、偽装結婚、ホームレスギャル、シェアハウスと貧困ビジネス…好奇の眼差しばかりが向けられる、あるいは、存在そのものが「見て見ぬふり」をされる対象に迫り続ける社会学者・開沼博。『漂白される社会』の刊行を記念して、人々を魅了しつつも、社会から「あってはならぬもの」とされた対象やそれを追い続ける人物と語り合うことで、メディアでは決して描かることのない闇の中に隠された真実を炙り出す。

「対談 漂白される社会」

⇒バックナンバー一覧