ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
データ分析ってこうやるんだ!実況講義
【第2回】 2013年9月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
吉本佳生

若者の免許離れは本当に起きているのか?
ミクロとマクロを組み合わせて分析しよう【前編】

1
nextpage

身近な統計数字を使ってデータ分析のプロセスや読み誤りのコツを学ぶ吉本佳生さんの新刊『データ分析ってこうやるんだ!実況講義』の一部をご紹介する本連載の第2回は、「若者の免許離れ」がテーマです。カーシェアリングなどが広がる一方、特に若者の“クルマ離れ”が叫ばれて久しいですが、本当にそうなのでしょうか?ミクロとマクロの両面からデータを分析し、その実態を明らかにしていきます!

「若者の免許離れ」が起きている?

 関西大学会計専門職大学院での講義のなかで、最近のクルマのCMについて、学生に感想を求めました。すると、トヨタ自動車のドラえもんシリーズのCMが印象的だ、と答えた学生がいました。

 トヨタが有名タレントをドラえもんの登場人物に見立ててシリーズ化しているCMでは、のび太くんが運転免許を取ろうとして悪戦苦闘するのですが、明らかに「若者にクルマの運転免許取得を促す意図」が読み取れます。学生は、それが印象的だとの感想を述べたのでした。

 さて、多額の宣伝費用をかけて豪華なキャストを登用したテレビCMを大量に流してまで、若者に免許取得を促すことが、本当に必要なのでしょうか。自動車教習についてのミクロデータ(個別のモノやサービスについてのデータ)と、日本経済全体についてのマクロデータを組み合わせて、分析してみます。

 まず、警察庁のサイトで運転免許についての統計を調べます。若者の免許取得について分析したいのですが、まずは全年齢層のデータをみて、全体像を把握しながら若者に焦点を当てるプロセスが大切です。

 年齢別の運転免許保有者数をグラフにしたのが図表1です。2012年末のデータを右に、2002年末のデータを左に置いて、10年間での変化がわかるようにしてあります。年齢階級が5歳ずつの区切りになっていますから、同じ人が属する年齢階級は、左のグラフから右のグラフに移る際に、2つ上がります。

 運転免許保有者が多いのは、まず、2002年では50〜54歳、12年では60〜64歳で、両者は同じ人たちです。「第1次ベビーブーム」世代です。また、02年では25〜29歳と30〜34歳、12年では35〜39歳と40〜44歳の人数も突出していて、この両者も同じ人たちです。「第2次ベビーブーム」世代に当たります。

 こうした解説は、日本の人口データと対比しているからできることで、個別のモノやサービスについて分析する場合であっても、ミクロデータだけをみるのではなく、必要に応じて背景にあるマクロデータも確認するべきだとわかります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


吉本佳生

 

エコノミスト・著述家。1963年三重県紀北町(旧・紀伊長島町)生まれ。名古屋市立大学経済学部卒業、住友銀行勤務を経て、名古屋市立大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。広島市立大学国際学部専任講師、南山大学経済学部助教授(准教授)などを経て、2012年から関西大学会計専門職大学院特任教授。 著書に、『金融工学の悪魔』(日本評論社)、『金融広告を読め』(光文社新書)、『スタバではグランデを買え!』『金融商品にだまされるな!』『クルマは家電量販店で買え!』(以上、ダイヤモンド社)、『無料ビジネスの時代』(ちくま新書)、『数字のカラクリを見抜け!』『「世界金融危機」のカラクリ』(以上、PHPビジネス新書)、『確率・統計でわかる「金融リスク」のからくり』(講談社ブルーバックス)、『日本経済の奇妙な常識』『日本の景気は賃金が決める』(以上、講談社現代新書)、『これから誰に売れば儲かるのか』(幻冬舎)などがある。主に2009年に放送されたNHKの経済学教育番組『出社が楽しい経済学』の監修・出演者。専門分野は、生活経済、国際金融、金融経済(ファイナンス)。

 


データ分析ってこうやるんだ!実況講義

ビッグデータ時代の到来がさけばれ、データ読解・活用力がますます問われ始めています。危機感を高めている文系ビジネスパーソンに対して「統計学がわからなくても大丈夫! 基礎的なデータ読解力があれば、仕事にも十分応用できる!」と力強いエールを送るのは、数多くの著書で鮮やかなデータ解析力を披露するエコノミスト吉本佳生さんです。本連載では、身近なデータを使いながら読解プロセスや読み誤りを防ぐコツをまとめた、吉本さんの新刊『データ分析ってこうやるんだ!実況講義』のエッセンスをご紹介していきます!

「データ分析ってこうやるんだ!実況講義」

⇒バックナンバー一覧