ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
DOL特別レポート・ヘルスケアSpecial

歯を失ってしまう理由のツートップ

「頼れる歯医者さん 2014」発 最新情報【第3回】

2014年1月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

歯を失う原因のツートップ
歯周病と虫歯

 歯にはもともと寿命がないといわれている。年をとると自然に歯や歯茎が弱って、歯が抜けてしまうと思われがちだが、実際には加齢はさほど抜歯と関係ない。日頃のケアと定期検診を受けて、健康な状態を維持していれば、100歳を過ぎてもしっかり自分の歯で食べることができるのである。

 しかし、死ぬまで自分の歯がすべて揃っているという人はほとんどいないのが現状だ。歯を失う原因は病気や事故など多岐にわたり、なかには気づかないうちに症状が悪化して抜けてしまうこともあるからだ。

 日本歯科医師会の報告では、抜歯原因のトップは歯周病、次いで虫歯とされている。どちらも歯の感染症で、とくに歯周病は40歳以降の日本人の約80%の人がかかっているといわれるほど広がっている病気である。

 歯周病は別称をサイレント・ディジーズ(沈黙の病気)といい、症状に気づかないまま静かに進行していく。病状が進むと歯茎から血が出たりするが、虫歯のような痛みがないので治療を受けず悪化させてしまう例が後を絶たない。歯周病菌は歯茎に始まり、歯と歯茎のすき間に沿って、顎の骨など歯の周囲の組織を侵していく。歯を支えている顎の骨が破壊されるため、最終的には歯そのものが抜けてしまうことになるのである。

 虫歯の場合は細菌の侵食が表面のエナメル質に始まり、その下の象牙質も侵されていく。これを放置しているとやがて歯はほとんど溶かされて歯根しか残らず、結局は抜歯しなければならなくなる。

 歯周病や虫歯は予防、治療ができるものだ。日頃のケアさえ怠らず、丁寧に行っていれば防ぐことは可能であり、また感染しても適切な治療で抜歯は避けられることを覚えておこう。いくら歯周病専用の歯磨き剤で磨いても、一度感染してしまったら治療しないと治らない。歯茎が腫れる、出血がある場合はまず歯周病を疑い、必ず受診することだ。

 歯が抜けたあとは速やかにインプラントや入れ歯、また、その他補綴治療で処置しよう。抜けたまま放置しているとほかの歯に負担がかかって噛み合わせが悪くなったり、抜けたスペースを埋めるように隣接した歯が動いて、さらに症状が進むと顔の形まで歪むことがある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


DOL特別レポート・ヘルスケアSpecial

毎日の食事すら疎かになりがちな、忙しいビジネスマン。でも、ほんのちょっとした知識と気遣いが、あなたの健康にプラスになることもあります。このコラムでは、ビジネスマンの健康サポートに役立つ情報を、お届けしていきます。

「DOL特別レポート・ヘルスケアSpecial」

⇒バックナンバー一覧