ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
会計プロフェッショナルの英単語
【第3回】 2013年12月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
大津広一 [米国公認会計士],我妻ゆみ

企業活動の重要な英語表現を押さえよう

1
nextpage

英語が得意な人も、会計が得意な人も、会計×英語となると、ちょっと自信がなくなるもの。厳選した単語を徹底的に掘り下げて解説し、好評を博している『会計プロフェッショナルの英単語100』の著者のお二人に、Tipsとも言える会計英語の意外な知識を紹介してもらう。

グループ会社を正確に呼ぼう

 ある企業の議決権ある株式の過半数(50%超)を保有する場合、または支配権を保持している場合、その企業のことを子会社と呼びます。この子会社という表現は、相手に上下関係を押し付けているきらいがあるので、当事者を相手にして「子会社の皆さん」とはあまり言いません。柔らかく表現するつもりで「関連会社の皆さん」と呼ぶ人がいますが、関連会社には別の定義がきちんとあるため、これは明らかに誤った使い方です。
 では、英語で子会社は何と言うのでしょう。間違っても、Child companyとは言わないでください。子会社はSubsidiary(複数形はSubsidiaries)です。Subsidiaryは、「従属する」「補助する」という形容詞なので、確かに上下関係を感じさせはしますが、日本語ほどはストレートではありません。
 ある企業の議決権ある株式の20%超50%未満を保有する場合、または重大な影響力(Significant influence)を保持している場合、その企業のことを関連会社と呼びます。英語では、Affiliated company(単にAffiliate)や、Associated company(単にAssociate)と呼びます。連結決算での会計処理については、持分法投資利益(⇒208頁)を参照してください。
 ただし日本語同様に英語でも、子会社に親しみを込めて、Consolidated affiliatesように表現することもあります。前後の文脈でAffiliatesが一体誰なのかを明確にしていきましょう。
 親会社は英語でもParent companyと呼びます。子会社は親会社をYou are our parent company.と言えますが、親会社は子会社をYou are our child companyとは言えないのです。

 子会社(Subsidiaries)と関連会社(Affiliates)と親会社(Parent company)をまとめて、日本語では関係会社と呼びます。英語には特にそうした表現はないですが、Related companiesやGroup companiesなどと表現するのが相応しいでしょう。
 ただし、文脈によっては取引先や提携先もRelated companiesです。これもまた、前後の文脈によって判断し、中身がわからないときには相手に尋ねることにしましょう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


大津広一 [米国公認会計士]

1989年、慶應義塾大学理工学部管理工学科卒業。ロチェスター大学経営学修士(MBA)。富士銀行、バークレイズ・キャピタル証券、ベンチャーキャピタルを経て、2003年に株式会社オオツ・インターナショナルを設立。企業戦略や会計・財務のコンサルティングを行う。また、大手メーカー、金融機関、流通、サービス、外資系企業など年間30社に対して、アカウンティングとコーポレートファイナンスの教育講師を務める。中央大学アカウンティングスクール講師、グロービス・マネジメント・スクール講師を歴任し、現在は早稲田大学大学院商学研究科ビジネススクール講師。早稲田大学では、2006年より毎年40名の留学生に英語で会計を指導している。著書に『企業価値を創造する会計指標入門』『戦略思考で読み解く経営分析入門』『英語の決算書を読むスキル』(以上、ダイヤモンド社)、『ビジネススクールで身につける会計力と戦略思考力』『ビジネススクールで身につけるファイナンスと事業数値化力』(以上、日経ビジネス人文庫)がある。

我妻ゆみ 

インドネシア・マレーシア・米国・横浜育ち。2007年、米国Wake Forest University卒業。早稲田大学大学院国際情報通信研究科修士。国際化を楽しく学ぶメソッドとしてのエデュテインメントを研究。日本語・英語ともネイティブレベルの能力を生かし、在学時より大手教育サービス会社に勤務し英語教材コンテンツ企画・監修を担当。その後、企業向けビジネス英会話講師として活動しながら、会計知識を生かし都内会計事務所に勤務。企業の海外進出業務マネジャーとして現地出張、契約書チェック等を担当。現在フリーランスとして、グラフィックデザイナーの姉と共にStudio Canariデザイン翻訳工房にて活動している。英検1級(日本英語検定協会優秀賞受賞)・TOEIC990/990(満点)・CRLA米国チューター免許保有。


会計プロフェッショナルの英単語

厳選した重要単語を、現場でのニュアンスや関連用語との組合せ方まで掘り下げて解説した「会計×英語」入門の決定版『会計プロフェッショナルの英単語100―世界の一流企業はこう語る』が好評を博している。同書を執筆した大津氏・我妻氏のお二人に、会計にまつわる英語のTipsを紹介してもらった。

「会計プロフェッショナルの英単語」

⇒バックナンバー一覧