ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ビジネスマンのための中国経済事情の読み方

映画「ハゲタカ」で見る、日本企業が中国に欺かれないための心構え

高田勝巳 [アクアビジネスコンサルティング代表取締役]
【第26回】 2009年7月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 7月初め、東京滞在中に、話題の映画「ハゲタカ」のチケットを関係者から頂き、早速新宿ピカデリーへ観に行きました。

 日本で映画を見るのは本当に久しぶりでした。日本の映画館は上海の映画館と比べて本当に清潔で静か(中国の映画館は雑談、携帯通話ありありです)でよかったです。

 この映画はNHKのドラマが前身になっているとのことですが、私はこのドラマを観ていないので、全くの先入観なしに観ることができました。私の場合は、娯楽性もあるフィクション作品のシナリオに文句をつけるつもりは毛頭ありませんので、どれだけ昨今の中国を取り巻いた社会性を反映しているかという点に興味を持って鑑賞させていただきました。

意外と無防備だった?
中国国家ファンドの実力

 まず、玉山鉄二演じる主人公の劉一華。パッと見、かっこ良すぎて今時の中国人ファンドマネジャーっぽくないとの印象がありました(中国地場のファンドマネジャーは、一見地味で素朴であり、外見は田舎臭いけれども、実はぎらぎらしている)。ただ、なるほどストーリーを観ていくうちに、日本で育ち、米国留学した経歴ということでちょっと納得しました。

 実際、私の周りにも日本の大学をでるか、さらに米国に留学し日本の米系投資銀行で働いている、又は幼少のうちに米国に渡り米国の教育を受け米系投資銀行の本社社員として上海に赴任してインベストメントバンカーになった、というような人が確かにいます。グローバルスタンダードなビジネスセンスを身につけているが、その分中国政府や国有企業からはちょっと浮いてしまうところも、劉一華と一致するところがありますね。製作の方々、よく観察されているという印象です。事前にリアルプレーヤーたちと接触して雰囲気をつかんだのでしょうか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
高田勝巳氏の著書「中国株式市場の真実」好評発売中!

粉飾・汚職・詐欺・国外逃亡・・・。政・官・財一体の公営賭博場と揶揄される中国株式市場の闇の構造を克明に描き、再生の可能性を探る。 2520円(税込)

話題の記事

高田勝巳 [アクアビジネスコンサルティング代表取締役]

上海在住15年。日系企業の中国ビジネス構築を支援しながら、中国経済の動向を「現地の視点・鋭い分析・分かりやすい言葉」をモットーにメディア等を通して日本に発信している。三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)本部証券部門、上海支店等を経て2002年より現職。主な著書に『中国株式市場の真実』(共著・ダイヤモンド社刊)がある。
アクアビジネスコンサルティング ホームページ


ビジネスマンのための中国経済事情の読み方

長年中国に住み、現地企業や政府と接してきた著者が贈る中国リポート。ニュースではわからない、現地で暮らしているからこそ見えてくる“リアルな中国”を紹介する。

「ビジネスマンのための中国経済事情の読み方」

⇒バックナンバー一覧