ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
STAY GOLD! リーゼントマネジャー岡田兵吾の「シンガポール浪花節日記」

住む場所で人生が変わる!?
「世界一、生活費の高い都市」シンガポールでの
住まい探しのコツ

岡田兵吾 [マイクロソフト シンガポール シニアマネジャー]
【第2回】 2014年3月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 皆さんのなかには、「海外で暮らしてみたい」と考えている人はどのくらいいるだろうか。事実、近年は、留学だけでなく、海外で就職や起業をする人も増えてきているし、定年後のセカンドライフを海外に求める人も少なくない。また、移住とまでいかないとしても、数週間から数ヵ月程度の短期語学留学や視察ツアーなど、会社を辞めたり学校を休学したりせずとも、海外生活が体験できるサービスも巷にあふれている。

 このように、いまや「海外で暮らす」ことは、決して特別なことではない。むしろ人生において、ひとつの「選択肢」に入ってきている人も少なくないだろう。自分の可能性を広げるためにも日本を飛び出し、世界を舞台に活躍したい――実際、そう考える人が僕のまわりにはたくさんいるし、僕自身も強くそう感じて日本を飛び出した。それが11年前のこと。たしかに当時のシンガポールは、南国リゾートという旅先としてのイメージが強く、日本人にとって移住先の選択肢ではなかったかもしれない。

 しかし、それから年月が流れ、シンガポールは大きく変わった。いまや、アジア随一のグローバルシティとなり、世界中から人が集まる国になった。それは当然、日本人にも当てはまる。近年は、日本から移住してくる単身者やファミリーも多い。シンガポールへの移住が日本人の「選択肢」に入ってきているのだ。

シンガポール移住を
オススメする5つの理由

 実際、シンガポールは日本人にとって住みやすい国である。それが11年暮らしてきた僕の感想だ。本気で海外移住を考える人には、ぜひオススメしたい。その5つの理由を紹介しよう。

(1)シンガポール人は人懐っこく、優しい
 シンガポール人は知らない人たちにも笑顔を返す、とても穏やかな人たちだ(しかし、第1回記事でもお伝えしたとおり、シンガポールは儒教の国。年長者に敬意を払うことを忘れてはならない)。ただし、シンガポールのオッチャンたちのなかには、顔が怖くて声もデカく、一見すると強面で近寄りがたい人が多い。うちの息子はよく、そんなオッチャンたちから、「ボクちゃん可愛いね~」とダミ声で声をかけられ、何味かよくわからない“飴ちゃん”をもらったりする(笑)。強面のオッチャンの笑顔に、息子は半泣きのこともあるが、彼らからすれば可愛がってくれていることには違いはない。

 優しくされるのは子どもだけではない。たとえば、女性がベビーカーや大きな荷物を持っていると、段差や階段などでは100%手助けを受けることができる。リーゼントで体のデカい僕は無理かもしれないが、女性であれば必ず助けてもらえるし、妊婦さん、子連れ、老人は必ず電車で席を譲ってもらえる。こうした優しさは日本人以上かもしれない。

(2)「ブロークン・イングリッシュ」でも何とかなる
 移住するうえでやはり気になるのは言語。とくに英語が得意でない人にとっては最も不安に感じるところだろう。しかしシンガポールなら、その不安も少なくなるはずだ。

 シンガポールはもともと、「マレー語/タミル語/中国語/英語」の4つの言語が公用語で、80年代から英語が第一言語となり、民族語を第二言語としている。いまや英語圏ではあるものの、元来の英語圏ネイティブではないことから、英語以外を話せる人も多い。そのため、言語に対する許容度が高いといえる。日本人の「ブロークン・イングリッシュ」でも辛抱強く聞いてくれるので、英語を勉強中の人でも安心だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岡田兵吾 [マイクロソフト シンガポール シニアマネジャー]

大阪生まれ。同志社大学工学部卒業後、アクセンチュア(日本/アメリカ)、デロイトコンサルティング(シンガポール)、マイクロソフト(シンガポール)で19年間、業務・ITコンサルタントとして活躍。シンガポール移住11年、永住権を保持し、近年はアジア全域の新事業開発、業務改善、組織改革に従事。 人生の目標は「ソーシャル・チェンジ」(社会変革)、座右の銘は「Stay Gold!」。グローバルビジネス経験を活かして日本およびアジアの顕在化した社会問題を解決し、多くの人々が希望をもてる社会の実現を目指している。

☆ブログ: シンガポールではたらくリーゼントマネージャー岡田兵吾のStay Gold!
☆Facebook: Hyogo Okada(岡田兵吾)
☆Twitter: phoenix_hugo(リーゼントマネージャー岡田兵吾)


STAY GOLD! リーゼントマネジャー岡田兵吾の「シンガポール浪花節日記」

アジアのグローバルシティとして大きな変化を遂げたシンガポール。しかし意外にも、あらゆるところに「浪花節文化」が存在していることを、あなたはご存じだろうか? そこで当連載では、日本人の固定概念を覆すシンガポールのリアルな姿を、家族とともに現地コミュニティに根を張って暮らしている筆者ならではの視点で紹介する。

「STAY GOLD! リーゼントマネジャー岡田兵吾の「シンガポール浪花節日記」」

⇒バックナンバー一覧