ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

マイナス金利は“銀の弾丸”?
ユーロ高対策のECB追加緩和

加藤 出 [東短リサーチ代表取締役社長]
2014年6月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 “銀の弾丸”。狼男を倒せる唯一にして最強の弾丸がそれだという言い伝えが欧州にはある。

 「マイナス金利政策は、デンマーク経済にとっての“銀の弾丸”だったかって? いや、そんなことはなかった」。同国のダンスケ銀行チーフアナリストはそう語った(米「ニューヨーク・タイムズ」6月3日)。この4月までの2年弱、デンマーク国立銀行は同政策を行ったが、それは特効薬ではなかったという認識を彼は示した。

 ECBは同国の様子をよく観察していたのに、6月5日にマイナス金利政策を採用した。これにより金融機関がECBに超過準備を預けると、0.1%の金利を支払わなければならない。欧州では南欧の中小企業向け貸出金利の高止まりが問題となっている。ドイツとは2%前後の開きがあるようだ。マイナス金利を嫌がって南欧の銀行が余剰資金を中小企業に貸し出すようになればよいが、そういった効果は(デンマークでもそうだったが)期待しづらい。

 現代の金融規制下では、銀行は体力(資本力)を高めないと、リスクのある貸出は増やせない。マイナス金利は銀行の体力を逆に弱める恐れがある。マイナス幅が大きいと、銀行はコストを顧客に転嫁し始めるだろう(口座管理料の徴収や貸出金利引き上げなど)。

 そうした弊害が顕在化しないように、ECBはマイナス幅を0.1%と最小幅に設定した。それでもマイナス金利を始めたのは、ユーロ高対策としての為替市場への心理効果を狙った面が強い。

 今回、ECBは期間4年程度の資金供給オペも決定した。この低利の資金を利用して南欧の銀行が収益力を高め、それによって彼らの体力が多少高まれば、結果的に貸出が増加するかもしれないとECBは期待している。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧