ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
世界のビジネスプロフェッショナル 経営者編

アニータ・ロディック
[ザ・ボディショップ創業者]

環境にやさしい企業の先駆者

【第37回】 2008年6月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

アニータ・ロディック

 イギリスの女性経営者で、異色の化粧品会社ザ・ボディショップのトップ、アニータ・ロディック(1942~2007)は、ひょっとするとこの会社を始めていなかったかもしれない。

 ロディックは、教師になる教育を受けたにもかかわらず、1976年にザ・ボディショップ第1号店を立ち上げるまでになったのは、さまざまな要因の数奇な絡み合いからだった。ところが、ザ・ボディショップの理念─環境にやさしい化粧品であることを基本に、家内工業をその出発点とする─はすぐにブライトンにあるこの小さな第1号店の規模を超えてしまう。

 もし同社が昔ながらの手法で大企業へと成長していたとしたら、のちにザ・ボディショップを成功に導くことになる、小さな企業にある独特の魅力をとうに失っていただろう。

 ロディックはフランチャイズ方式でザ・ボディショップの拡大を図った。

 これは当時のイギリスでは比較的新しい考え方で、同社の理念にみなぎる活力や情熱を持続させるだけの力があった。2000年には全世界に1500を超える店舗を展開、ロディックは多くの時間とエネルギーをさいて、自分の心にしたがってその倫理的な理想を追求している。

成功への階段

 1942年、サセックスに生まれたロディックは、4人きょうだいの3番目の子どもだった。両親は、のんびりした浜辺の町リトルハンプトンで北米スタイルの小さなレストランを営んでいた。中学校を卒業すると、有名なギルドホール音楽演劇学校からの入学の誘いを断って、バスにあるニュートンパーク教育大学に進学する。

 大学を卒業後、ロディックは職を転々とした。パリではインターナショナル・ヘラルドトリビューン紙で働き、イギリスでは教鞭を取り、そしてジュネーブでは国連で働いている。国連のあと、ロディックはヒッピースタイルの旅に出て、アフリカ、極東、そしてオーストラリアと、世界中を歩き回った。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
「ザ・ビジネス 世界で最も偉大な経営者」好評発売中!

ジャック・ウェルチ、ビル・ゲイツ、松下幸之助ほか世界的な名経営者52人から学ぶビジネスの極意。彼らの生い立ちと、思想体系をコンパクトに凝縮。ビジネスパーソンとしての教養と見識が確実にレベルアップする1冊。2940円(税込)

話題の記事


世界のビジネスプロフェッショナル 経営者編

世界のビジネス界をリードした、偉大な経営者たちの生い立ちと実績を紹介。ジョブズ、ウェルチ、ゲイツ、ゴーン、孫正義、盛田昭夫、松下幸之助、本田宗一郎ほか。

「世界のビジネスプロフェッショナル 経営者編」

⇒バックナンバー一覧