ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊
【第61回】 2015年2月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
鎌塚正良 [ダイヤモンド社論説委員]

国や日本赤十字社もできない支援を成し遂げた
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」の設立秘話
『人を助けるすんごい仕組み』

1
nextpage

今回ご紹介するのは『人を助けるすんごい仕組み――ボランティア経験のない僕が、日本最大級の支援組織をどうつくったのか』です。世界的にも評価されている日本最大級のボランティア組織「ふんばろう東日本支援プロジェクト」の代表が、プロジェクトができるまでの過程と仕組みを解説します。その内容を少しだけご紹介しましょう。

一教師が立ち上げた
震災支援プロジェクトの過程と仕組み

 去る1月17日、戦後最大の都市型災害といわれた阪神・淡路大震災の発生から20年目の節目を迎えました。被災地にはこれまでに延べ138万人のボランティアがかけつけ、瓦礫の片づけや仮設住宅のお年寄りのケアなど、様々な支援をしてきました。震災が発生した1995年は、ボランティア団体が法人格を保有できるNPO法(特定非営利活動促進法)が策定されるきっかけにもなったことから「ボランティア元年」とよばれています。

西條剛央著『人を助けるすんごい仕組み――ボランティア経験のない僕が、日本最大級の支援組織をどうつくったのか』 2012年2月刊。シンプルな装丁と力強い帯コピー。「すごさ」を演出してくれます。

 そしてもうすぐ、3月11日がやってきます。あの未曽有の大震災から4年が過ぎようとしている今なお、行方不明者は約2600人にのぼり、家屋の倒壊や原発事故の影響等で自宅に戻れない避難・転居者数は23万人以上に及んでいます。
 本書『人を助けるすんごい仕組み』は、ボランティアなど経験したこともなければ、プロジェクトをつくったこともなく、事業を起こしたこともない「僕」が、震災をきっかけにプロジェクトを立ち上げ、それが日本最大級のプロジェクトへと発展していく過程と仕組みを描いたものです。

 「僕」すなわち西條剛央氏は、早稲田大学大学院のMBA課程で心理学と哲学を教えています。そんな一教員がいかにして大規模プロジェクトを展開できたのか。それは西條氏が「構造構成主義」という理論を体系化していたことと深く関係しています。

 西條氏の学説をそのまま受け売りすると、構造構成主義は固定的な方法が役に立たないような、まったく未知の状況、変化の激しい環境において、ゼロベースでその都度有効な方法を打ち出していくための考え方です。そのエッセンスは極めてシンプルで、あらゆる事象にしなやかに対応するための考え方なのです。また、「信念対立」を解き明かす考え方でもあるため、対立に足を取られることなく、物事を建設的に前に進めていきやすくなります。本書に出てくる糸井重里氏との対談では、こんなふうに語っています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


鎌塚正良 [ダイヤモンド社論説委員]

1978年ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て、現在は書籍編集局担当の取締役兼論説委員。


いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊

ダイヤモンド社は2013年5月1日に創立100年を迎えることになりました。雑誌を追う形で始まった書籍事業も、ビジネスジャンルを中心に刊行点数は1万点を優に超えています。

書籍は、その時々の経済環境や流行など世相を色濃く反映しているものが多数を占めますが、時代を超えて読み継いでもらいたい名著が、私達の書棚にはたくさん並んでいます。

本連載は100周年を記念し、普遍の名著と呼ばれる作品から、今だからこそ読みたい隠れた名作まで、有名無名織りまぜた100冊を紹介していきます。ダイヤモンド社が誇るベテラン執筆陣の、単なる書評にとどまらない論説をご期待ください!

 

「いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊」

⇒バックナンバー一覧