ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
【「カンブリア宮殿」出演記念】だから、僕らはこの働き方を選んだ
【最終回】 2015年4月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
馬場正尊,林 厚見,吉里裕也

成功者とは、朝起きて、自分のやりたいことをやれる人。
幸せに働くために、贅沢やステータスより大事なこととは?

1
nextpage

仕事や人生はキャリアプランのようにはいかないもの。人生を「旅」ととらえ、新しい場所へと動いていくほうがずっと可能性は広がる。そのとき必要になってくるのは、自分にとって大事なことを優先し、いかに充実と幸せをデザインするかだ。著書『だから、僕らはこの働き方を選んだ』から一部を抜粋して紹介。
※この記事(2011年12月16日公開)は、東京R不動産がテレビ東京系列「カンブリア宮殿」に出演したことを記念して、再配信しています。

左から馬場正尊氏、林厚見氏、吉里裕也氏

ビジネスリーダーたちからも多数推薦!

「これからの組織の本質が、ここにはある。個人が活き活きと自律的に働くこと。事業はそれに尽きる。 自由でフェアなチームは、清々しく、美しい。」
――江副浩正 氏(株式会社リクルート創業者/特例財団法人江副育英会理事長)
「これぞ、ノマド的に生きるための理想の働き方!20代にこそ読んでほしい本。」
――本田直之 氏(レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長)
「好きなことを、好きな仲間と、自由にやって、それでちゃんと食べていける。こういう人たちこそ、真の勝ち組なんだ。あぁ、ウラヤマシイ!」
――小山薫堂 氏(放送作家/脚本家)
「私もユニークな組織作りに興味があるので勉強になりました。」
――柳澤大輔 氏(面白法人カヤック代表)
「我慢という美徳を、喜びという価値に置きかえた一大事。」
――遠山正道 氏 株式会社スマイルズ(Soup Stock Tokyo)代表取締役社長
「自分たちの船をつくって、海を渡りたくなる本。」
――西村佳哲 氏 リビングワールド代表/働き方研究家
「やるべきことを楽しくできる、が何よりの幸せ。この働き方は一つの理想形だと思う。」
――小暮真久 氏 TABLE FOR TWO 代表理事/『「20円」で世界をつなぐ仕事』著者

好きなことを仕事にすべき?

 好きなことを仕事にするのがいいのか悪いのか、については意見が分かれるのではないだろうか。「好きなことは仕事にしないで趣味にしておく方がいいよ」と言う人もいるし、「好きなことで食えるほど幸せなことはない」という話も聞く。それぞれ説得力がある。

 でも実際のところ、コトはそんなに単純ではないのだ。人によっては「好きなこと」が「食えること」でない場合もある。「食える」ようにするためには我慢や妥協が必要だから、結果的に好きなことを仕事にすることで不幸になるということもあるのかもしれない。いろいろな議論があって、この話はなかなかキリがない。

 僕らの場合、基本的に好きなことを仕事にしている。少なくとも志に対して誠実で、正しいと思えることをやっている。それはとても幸せなことだと思っているし、今後大変なこともあるだろうし挫折することもあるだろうが、基本的にそうすべきだと思っている。そして今のところ、僕らはそれで食えている。

 ただ僕らは、好きなことをある程度「戦略的に」やっている。それが結構重要だと思っている。「好きだから食えなくてもいいんだ」ではなくて、好きなことだからこそ、社会的にきっちり成立させ持続させることに心血を注ぐ。だから自分たちがストレスなく続けていけるように工夫する。そしてもちろん、好きなことの範囲を広げたりしながら、より充実しようと思って働いている。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


馬場正尊 

[Open A代表/東北芸術工科大学准教授/「東京R不動産」ディレクター]
1968年佐賀県生まれ。早稲田大学大学院建築学科修了。博報堂に4年間勤務後、早稲田大学博士課程に復学、この時期に雑誌『A』の編集長を経験。2003年に設計事務所Open Aを設立、ほぼ同時に「東京R不動産」を吉里、林らと始める。著書に、『「新しい郊外」の家』(太田出版)、『都市をリノベーション』(NTT出版)など。

林 厚見 

[株式会社スピーク共同代表/「東京R不動産」ディレクター]
1971年東京生まれ。東京大学工学部建築学科卒業。マッキンゼー・アンド・カンパニーにて経営戦略コンサルティングに従事した後、コロンビア大学建築大学院不動産開発科修了。不動産ディベロッパーを経て、2004年に吉里裕也と株式会社スピークを設立、現在共同代表。

吉里裕也 

[株式会社スピーク共同代表/「東京R不動産」ディレクター]
1972年京都生まれ。東京都立大学工学研究科建築学専攻修了。バックパッカーとして世界を旅した後、株式会社スペースデザイン入社。リクルート創業者の江副浩正氏の元でディベロップメント事業に従事しビジネスを学ぶ。2003年に独立し「東京R不動産」を馬場とともに立ち上げ、2004年に株式会社スピークを林と共同設立。


【「カンブリア宮殿」出演記念】だから、僕らはこの働き方を選んだ

日本一面白い不動産サイト「東京R不動産」。彼らが実践する、会社員とフリーランスの「良いとこ取り」のフリーエージェント・スタイルとは何か? これまでのワークスタイルや幸せの価値観が見直されるなか、やりたいことをやってちゃんと稼ぐ、彼らの戦略的な働き方を初公開! ※この記事は、テレビ東京系列「カンブリア宮殿」(2015/4/16放送)に東京R不動産が出演したことを記念する再掲載版となります。

「【「カンブリア宮殿」出演記念】だから、僕らはこの働き方を選んだ」

⇒バックナンバー一覧